企業の研究者として働くとき、職種を変える場合どうする?

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

企業の研究者として働くとき、職種を変える場合どうする?

企業の研究者として働くとき、職種を変える場合

企業の研究者として働くとき、職種を変える場合は、例えば10年後の目標として「研究者として通用できるようにするには何ができるだろうか」という観点から目標を作っていくこともあります。その際は、以下のような点を意識してみるとよいでしょう。 課題解決能力は、どの研究の領域であれ必須な能力です。仕事の目標として、研究者としてだけでなく「研究者でありつつ社会に貢献できる働き方もできないだろうか」という視点で目標を設定するのも一つの手です。 上記した3つは、どれも簡単に身につくことではないかもしれません。

しかし、今の自分の状況や身の回りの環境をよく見つめながら、考えをめぐらせていくことで、徐々に自ずと成長していくことができるでしょう。 たとえ目標とする業種や企業が何となくはっきりとしたイメージを持ってそれに向かって勉強をしていたとしても、働く先に自分との間にギャップを感じてしまうことは多々あるかもしれません。

そのときに、「それでも自分がやりたいから、こんなことやろう」と思えることも大切です。自らの目標に対する思いや情熱は、ときに自分自身が思う以上に強く突き動かしてくれることがあるのです。

企業の研究者として働くとき、職種を変える場合の考え方のポイント

企業の研究者として働くとき、職種を変える場合の考え方のポイントは、仕事内容、雇用条件、勤務地、働き方になります。このとき「仕事内容」を考える際には、事業内容、職務内容、業種、製品の種類、職種などをあげていけば、自分に合った業務内容の選択ができます。自分が重視する条件は何を優先するか、ということを考えて選ぶことをおすすめします。

自分がやりたいことでなければ、企業研究をしてみても意義を見いだせないでしょう。その企業の独自性や考え方がなければ、企業研究も意味がないのです。

ただし、仕事にやりがいを感じるかということは重視してください。なぜなら、興味のあることでないと、長続きしないからです。そこで、仕事探しをしている方におすすめしたいのが、自分に似た人は他にいないかと考えてみることです。自分が希望する勤務地、職種で働いている人は必ずいます。

自分の希望する条件と働く人の希望がマッチすればいいのです。そのうえで、その人が自分よりも仕事上優れている点、優れているところなどがあれば、それを自分がやればできると考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました