企業の研究者としての自分の市場価値を高める

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

企業の研究者としての自分の市場価値を高める

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を常に高める努力が必要な理由

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を常に高める努力が必要な理由は、特に研究開発職においては、企業と研究者が直結している場合が多く、企業からの信頼は、必然的に研究者として、給与やポストといったものへ影響を与えてくるからです。特に、ポスト獲得に左右されることも多く、たとえ多少難しいテーマや研究開発テーマであっても、これまでの実績が評価されれば、新しいポストが与えられることも多々有ります。そういった意味では、学生の間に研究をし、もし良い研究成果を出していれば、卒業してからも転職のチャンスが与えられることになります。

その一方で、就職活動や入社後に必要となるスキルは、就職した企業によって大きく左右されます。自分にあっている企業かどうか見極めるには、できるだけ多くの企業の話を聞くことが一番重要になります。

企業の研究者に質問をして、面接や筆記試験で聞けなかったこと、知らないことは、面接時に聞いておけば、入社後に大変役に立つ経験になるでしょう。また、自分がどんな会社に就職したいか、どんな活躍をしたいか考えた上で、転職活動に挑むこともポイントになります。

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を高めるポイント

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を高めるポイントは、研究の「深み」にあると思っている。これまでやってきたことと、これからやろうとしていることの関連をきちんと踏まえた、緻密な論理展開をすること。そして、それがなぜそうなのかという「理由」を言語化すること。

そういった作業を重ねるうちに、自分の研究や生活について思考力が鍛えられ、応用力や物事の分析力が養われるのではないかと思う。そうした能力は、今後の世界における自分の「立ち位置」を知るうえでとても大切なものになるはずだ。文系理系の違いや社会の定義に関わらず、人類はいつか国境を越えた研究に可能性を見出すだろう。

その中で僕は、日本人として普遍的なものをきちんと自分の言葉で伝えられる研究者になることに興味を感じている。新しい国の法や企業と協力しながら実験したり、ラボを営んだりしていくことが僕の理想だ。

その際は、日本を背負う人間、国際的な人間であろうと意識してほしい。社会から求められるのは、創造性ある研究なのだ。

また、そうした研究者像を持つための努力も大切である。

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を高めるメリット

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を高めるメリットは、これぐらいだろう。ただ、一企業で大きく成果を出せば、それ自体がその人の市場価値を高めることになるので、必ずしも、業界に専門性を求めたり、有名大学を出ていることが必須条件というわけでもない。つまり、肩書きが関係ない仕事ともいえる。

逆にいえば、一つの分野で研究成果をあげるには、相当の時間を費やすことになる。研究者として企業で働くには、様々な背景を持った人と交流を深めながら、自分の興味・関心の世界を広げていくことが重要である。さまざまな分野を持つ人と話せば話すほど、違った見方との出会いが増えてくる。

そうした経験から、自然とイノベーションはうまれていくのだ。だから、専門性のある企業に入ったら、そこで成果を出し続けること。より広い分野の知識と専門性の組み合わせによって、新しい世界ができていくのである。

そして、自分が手がけた研究が世に出て、世の中の人々を豊かにしていく。そういうビジョンを描いて、これからもエンジニアとして進んでいってもらいたい。

ビジネスマンは人脈が大切。

タイトルとURLをコピーしました