企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知る必要がある

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知る必要がある

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知る必要がある理由

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知る必要がある理由は、いろいろありますが、給料やボーナスを決める要素は会社によって大きく異なるからです。まずは自分自身の市場価値を把握するために、自分の仕事の能力をよく知ることからはじめましょう。能力とは、新しい知識や技術を身につけることで向上していくものです。

しかし、それは新しい仕事に取り組むことになるため、はじめはなかなかうまくできないことが多いかもしれません。しかし、周囲のサポートを受けながら学んでいけば、次第に習得できるようになるはずです。

そのためには、さまざまな仕事で必要とされる知識や能力を修得し、自分自身のポートフォリオを作っておくことが大切です。これは、中途採用を行うときに企業の求める人物像に合うように自分を商品化するためのものです。

もちろん新卒採用のときも同じように自分の能力を商品化していくことは大切ですが、それはより専門的な内容になるので、できるだけ早く転職をしたいと考えている人は、中途採用の方が難易度が低くなっている現状を知って、早めから転職活動することを強くおすすめします。

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知るポイント

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知るポイントは、MBAではない。自分自身の経歴、現在の職歴、現在の立場。そして、自分と同じくらいの年齢で、研究したい課題は何があるのか、自分に近いバックグランドの留学生は何人なのかなどなど、そういったことをアンテナを向けて、あらゆる角度から自分自身を理解していこう、というスタンスで進むのが、この業界でのキャリアアップの秘訣。そして、それは、この業界外の留学生の場合も同じこと。

研究者として働きたいと考えるのであれば、まずは、自分が今現在抱えている研究について、どんどん外に出て行って、他の人にどんどん話をしよう。そういう風に、自身の研究者としての市場価値について考えるという意識を持つだけでも、道は開かれていく。博士課程から正規の職に就くのが難しい理由のひとつは、そういったことが、教育機関の決定をまたなくてはならず、それが原因で、時間の無駄使いになってしまう可能性が高いということが挙げられる。

自分自身の市場価値を気にしつつ、他のメンバーともディスカッションし、他の価値観があるということには注意しながら、自分なりの、今後の進路を決めよう。

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知るメリット

企業の研究者として働くとき、自分の市場価値を知るメリットは、このような観点からも考えられる。自分がどこまで専門性を持っていて、どのくらいのキャリアパスで企業組織に貢献できるかを考える材料には、年収・年収予測が使える。また、転職市場における年収の可能性や、自分のスキルポテンシャル(能力)を把握して、転職の計画を立てるためにも役立つ。

企業で活躍したいと考える研究者は、自分の価値を客観的に判断するためにも、年収の予測をすることも有効だろう。ここでは、大学院生のキャリアについて、参考になる情報をお伝えしていきたい。

まずは、実際の論文の引用数などの客観的な評価指標から、就職後のキャリアパス(年収予測)を考えてみよう。 ランキングの1位では、日本の研究者における博士号取得者の総引用数の平均が、同世代の4倍という結果が出た。

30歳を超えたあたりから、その差は大きくなることが読み取れる。

タイトルとURLをコピーしました