理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認しよう

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認しよう

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認すべき理由

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認すべき理由は、この業界の技術者は技術者手帳を必ず携行しているという事実に求められるでしょう。技術者である以上、入社時から技術士を取得するように推奨されおり、社員研修として技術士関連の専門講座を実施しているケースは珍しくありません。その技術士専門講座の多くは技術士取得の志望動機に重きを置いたものであり、転職理由の材料は多数あります。

転職理由その2に技術士の資格について紹介します。技術士の資格を取得するために技術実務経験を二年以上積むことは必須となっていますので、必然的に技術士資格取得と転職の関連性はより強くなるのです。このため、転職する場合において技術士の資格の有無は大きなアドバンテージとなっています。

その例を紹介します。会社側から技術士取得に関する奨励金が出る転職前に技術士の取得を目指すにはいくつかの課題があります。第一に技術士資格の取得には企業からの奨励金・補助金が必要になりますので、それがもらえる状態にあるか見極めてから転職活動をするかどうかを決める必要があります。

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認する場合のポイント

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱みをしっかり理解できているか?」を再確認する場合のポイントは、その強みを明確にできていない可能性があるということです。まずは自分の強みや弱みがなんなのかを確認しましょう。 例えば、業務分析を行った結果、以下の表のような、以下の各パーツの強みがでてきた場合には、それぞれ以下のようになります。 パーツを強みに使うには、上記の各パーツの中から該当するパーツで自分が強みとして設定できるかを確認し、強みを設定できたらその強みを応募先企業に伝えることになります。

では、具体的に求人票で「自分の強みを活かせる」といった文言がでている場合はどういう企業なのでしょうか。その意味を理解する必要があります。

実は、転職活動をしている方、業界外の人にあまり知られていないのですが、「自分の強み」という曖昧な言い回しでは法律的にNGなんです。

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱み」をしっかり理解するために転職エージェントに相談するのがおすすめの理由

理系技術者が転職する場合は「自分の強みと弱み」をしっかり理解するために転職エージェントに相談するのがおすすめの理由は、転職エージェントは求人紹介だけでなく、さまざまな相談をすることが出来るからです。 そのため、一度自分の強みを整理し、転職先でどのように活かせるのかを考え、そのために必要なアドバイスを貰えるのです。 また、転職エージェントは、あなたのこれまでの経歴を踏まえて「今の職場よりも希望に近い業界・企業を紹介してくれる」と評判です。

転職エージェントのサポートにはお金がかかるのでは?と思っている方は一度「転職コンサルタント」の無料相談を活用してみましょう。… Read More | Share it now!… Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

転職を行う場合、一般的に活動期間は1~3ヶ月ほどですが、面接まで進めば、何度もその企業に足を運びましょう。 仕事をする上で、毎日会社のオフィスや支社まで足を運ぶ人は少ないですよね。

そのため、面接にまでたどり着くことは、長い道のりだと感じるかもしれません。 転職活動中に、ついつい行ってしまいがちが面接のため。

タイトルとURLをコピーしました