理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮しよう

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮しよう

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮しなくてはならない理由

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮しなくてはならない理由は、書類選考で相手企業から「この人のスキルはどんなものなんだろう」と思ってもらえずに採用されないかもしれないからです。もし技術職では非現実的な内容の見積書や、意味をなさない具体的で大まかな数値を大量に書いた書類を送ってしまったら、どんなに「この人のスキルは信頼して仕事を任せられる」と思ってもらえても、それだけで書類選考落ちする可能性が高いといえるでしょう。その証拠にIT系技術者に多い「見積もりを書くのが好きなので仕事とは別に趣味でやってます」というレベルまでスキルが達している方や、趣味や仕事で専門分野の資格を多数取得されている方は、大抵エンジニアとしての立場でも非常にスキルが高い傾向があります。

つまり求職者は、「その会社でどんなことをやりたいのか」という自分の将来のビジョンをしっかりと企業にアピールするためにも、応募書類のわかりやすさに重点を置くことをおすすめします。

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮する場合のポイント

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさに配慮する場合のポイントは、情報量が多過ぎるのではなく、情報の取捨選択が上手くできる人であること、例えば書類を作成する上でも、技術職である以上、自分で文章を組めれば構わない、という方が多いです。このため、履歴書のメインはやはり実績などの自身のアピールポイントになり、それ以外の箇所は汎用的な部分になります。その上で、自分が作ったプログラムが具体的にどんな場面で使われていたかがわかるよう、可能な限り詳細を記入したり、他人が書いたプログラムをコピー&ペーストする場合には、書いた文面のチェックもしっかり行っている事を記載したり、応募企業が具体的にアピールしたいことを記載しておけば問題ないでしょう。

他のエンジニアからの評価も意識した書類には、求人票だけではわかりにくかった細部にわたっての丁寧な指示や、ソースコードなども含めて記載したりしている場合も少なくありません。エンジニアとして実際に業務を行う際、自分のやった仕事が必ずしもわかりやすい評価につながらないことも多々あります。

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさが不安な場合は転職エージェントにチェックしてもらうのがよい理由

理系技術者が転職する場合は応募書類のわかりやすさが不安な場合は転職エージェントにチェックしてもらうのがよい理由は、転職エージェントは書類選考は代行してくれないためです。応募者側が作成しなければならないのですが、転職エージェントが作成した自己PRや志望動機の応募書類を志望会社に合わせてわかりやすく添削します。一度応募すればその結果を踏まえて、転職希望先の企業に合わせた自己PRや志望動機の作成方法をアドバイスしてもらえるので何度も選考に落ちてしまうリスクを軽減できます。

面接の対策は面接対策だけをしてくれる転職エージェントもあるので安心です。ただし、面接対策だけの転職エージェントは応募書類については教えてくれないので、自分では応募書類を作成するのが難しいなど応募書類を不安がある場合には自分で応募書類を作成する必要があります。

また、転職エージェントを利用すれば、転職希望先の企業が提示した応募条件の中から条件に合う求人の紹介はもちろん、書類の添削や面接対策を受けることも可能です。自分では応募書類を添削して自己PRや志望動機の作成する内容が思い浮かばない方は転職エージェントの面接対策を利用するのがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました