理系技術者が転職する場合に給与交渉で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に給与交渉で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に給与交渉で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に給与交渉で失敗する理由は、交渉する前にお手上げ。何万円、何十万円も上がるのに、交渉力もなければ交渉するだけの情報収集力もなければ、交渉資格もない。だからこそ、技術者が転職活動する際の重要ポイントは、転職先の給与交渉です。

転職後も給与は確定しておらず、給与交渉も想定して転職活動をするのが鉄則です。そのときに絶対に欠かせないのが年収交渉の資格。

年収交渉の資格は意外と低い資格。スキルアップや昇進はできるものの、年収交渉は自分ひとりではできません。未経験でも年収交渉の資格は取得できます。そのため、転職の際には年収交渉の資格を取得しておくのは必須です。経験年数がたとえ5年だったとしても年収交渉の資格を資格していれば、年収アップは可能。

年収は応募先によって金額が違うため、給与交渉も必要です。そのためには、年収交渉の資格がある人が有利になるのはもちろんのこと、年収交渉の資格がある人が年収交渉の資格がない人に年収アップの相談をすることもアリ。

理系技術者が転職する場合に行う給与交渉のポイント

理系技術者が転職する場合に行う給与交渉のポイントは、現在の会社の給与を把握して、その転職先の給与相場、ボーナスの金額を算出することです。専門的な知識は企業の福利厚生をチェックしたり、年収の明細をもらったりすることで得ることができます。給与に関する基本的な知識を持つことで、転職で給与交渉を成功させましょう。

それと同時に、転職をするのであれば事前の情報収集を十分に行い、転職先で自分はどのような仕事に就きたいか、どの分野でどのような実績を積みたいか、今持っているスキルとどう生かせば仕事を行う上でメリットを得られるかなどを考えてみましょう。業界研究や転職活動のポイントなど、様々な知識が企業の詳しい情報を手に入れるために必要でしょう。

それらをまとめ、自分の専門性を高め、転職を控えていれば退職の意向を会社側に伝えるための交渉、またある程度の給与を確保するための交渉などを行うことで、転職を成功させることができます。転職における給与交渉や年収交渉は、自分の状況を冷静に判断して行うことが大切です。

慎重に行うことで、転職失敗のリスクを減らすことができます。

理系技術者が転職する場合に行う給与交渉は転職エージェントを使って効率よく進めた方が良い理由

理系技術者が転職する場合に行う給与交渉は転職エージェントを使って効率よく進めた方が良い理由は、給与交渉の必要性がまだ少ないということです。転職する際に給与交渉を行う企業は全体の3割に満たないというデータもあるのですが、このデータと転職エージェントの利用に関する意識調査のデータで「給与交渉を避けたいと思っている」と回答した人は全体の24.6%となっています。つまり、まだまだ給与交渉をしなくて良いと思う人が大多数であるということが分かります。

にも関わらず給与交渉をするわけですから、いかに転職活動は給与交渉が重要であるかということが分かりますよね。また、企業の人材の確保のために給与交渉をするのですから、積極的に給与交渉に応じてくれる会社を探していると言えるのです。

それでも給与交渉を行うのは、転職エージェントを利用した方がより多くの給与額を得ることができる可能性が高いからに他なりません。職務経歴書をまとめて作成してくれることはもちろんのこと、自身の希望を代弁し企業と給与交渉をしてくれるのですから、給与交渉だけでなく転職に関する全ての面で力を貸してくれる、そんな最高のパートナーなのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました