理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書で失敗する理由は、文系技術者の場合は自分が興味を持っていた理系の知識が全く評価されなかったことです。企業のニーズとスキルが合っていない可能性が高いと言えます。例えば、技術系の仕事をしたいから技術系の職種に応募したのに、「営業職も募集しています」というケースがあります。メーカーの場合は営業職も技術系業務の経験者の採用は応募条件とするケースが多くあります。

理系技術者は文系よりも理系的な発想が強く、機械を制御して業務を行うので論理的な考え方を必要とします。それに対して、文系技術者は文系的な発想が多く、システムも論理を説明するより機能することを求めるので必ずしも理系の知識や経験を生かすとは言い切れません。

技術者として採用するなら、別の職種への応募も検討しましょう。文系技術者は、総合職で採用されることが多く、希望する部署に配属される可能性は低いです。総合職の場合は、希望しない部署に配属されると仕事内容の多さに苦しむので転職活動に支障が出ることを覚悟しておきましょう。

理系技術者が転職する場合に書類審査を通過できる履歴書や職務経歴書のポイント

理系技術者が転職する場合に書類審査を通過できる履歴書や職務経歴書のポイントは、業界・業種によって書く項目も内容も変わってきます。志望動機・自己PR・退職理由・新卒の場合は前職での実績・長所、弱み、資格も別項目として記入し、実績・実績が書ける資格であれば直近でも可。また前職で経験のないことでも、習得しようと思い勉強していた、貢献できそうな仕事であると熱意が伝わるように書きましょう。

転職回数が多い方でも再挑戦ができる環境へ転職できた理由を志望動機や自己PRで書きましょう。キャリアパスや技術進歩など、これから将来について考えた志望動機になるように書きましょう。

気になる年収などの記載がある場合は、目安にしましょう。職務経歴書の自己PRは、面接に呼ばれた場合に必ず聞かれる質問の一つです。書けることは書いたうえで、自己PRはどのように採用担当者へ伝えるのか、積極的に伝えましょう。

転職の際の失敗をしないためにも、履歴書・職務経歴書はしっかりと準備しましょう。

理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書を転職エージェントに添削してもらう方が書類審査を通りやすい理由

理系技術者が転職する場合に履歴書や職務経歴書を転職エージェントに添削してもらう方が書類審査を通りやすい理由は、理系の技術系の仕事を探しているという事は、ただ単に「書類審査が通る可能性が高くなる」のであって、具体的に「何をアピールしなければいけないのか」を、その転職エージェントのコンサルタント自身が理解していない場合が多いからです。勿論、履歴書や職務経歴書を審査する転職エージェントの判断は、書類審査を通過するか否かによって判断されるので、いくら職務経歴書の添削をしても書類審査の通過率が上がるというわけではありません。何故ならば、履歴書や職務経歴書の資格欄やスキル欄を読み込んでも見にくい様な偏った人材を採用して、企業の希望する転職先へと送り届ける事ができるとすれば、採用する企業にとって利益になる企業があるという事になるからです。

タイトルとURLをコピーしました