理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職して失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職して失敗する場合

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職して失敗する理由

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職して失敗する理由は、主に3つです。まずは「もっと広い視野を持ちたい」と思い、海外へと関心が向かった時です。海外の技術職から日本国内の技術職へ転職したり、海外の技術系職種から国内の技術職へ転職したりするケースがそうです。

私は大学卒業の翌年に米国での仕事を始めました。もともと海外志向が強く、日本企業はグローバル化が進んでおらず、海外駐在もめったにないし、先進企業であってもまだまだ日本と比べて技術レベルが高いとはいえないと思っていました。英語はあまり得意ではなかったのですが、技術英語という分野が自分にはあって、そこで勝負していこうと考え、思い切って転職しました。

結果、チャレンジしてみて大成功でした。しかし、その後に日本で暮らしていく中で、日本という国の限界、日本という地域の限界に直面し、自分自身が将来この国で暮らしていくイメージを持てなくなっていきました。若気の至りではあったと思いますが、自意識過剰な部分があったのは確かです。

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職を考えていないか気持ちを整理するポイント

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職を考えていないか気持ちを整理するポイントは、どんな仕事にやりがいを求めるか?という事です。どのような業種であっても言える事かもしれませんが、同じ業界に居ながらまったく違う職種へ転職する人は多くありません。これは、技術者の場合は特に同じ業界では、必要以上にレベルやポジションが違う会社も多いため安易に考えず、冷静な視点で業種・職種を選ぶようにしましょう。

技術者は技術職のため技術力に魅力が感じる所が多くありますが、それだけではなく会社のシステムやその技術を売る側(メーカーやエンジニア、サービス業など)側の意見も見極める事が必要です。営業職が嫌で他の職種にチャレンジする場合や未経験者が出来る仕事なのか、チャレンジした結果成功する可能性はどれくらいあるのかしっかりと確認しておきましょう。

どうしても技術職を希望する場合、一つの会社にこだわり過ぎず、より良い会社を探したり、違う職種にチャレンジしたりするなど、視野を広げて考えるのが良いでしょう。ただ、給料や待遇に関しては会社が決定する事なので、自分のスキルに自信があれば自分から働きかけるのも手です。

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職を考えてしまう場合は転職エージェントに相談するのがおすすめの理由

理系技術者が転職する場合に安易な気持ちで転職を考えてしまう場合は転職エージェントに相談するのがおすすめの理由は、ハローワークや一般の求人情報には掲載されていない非公開求人の情報を提供してもらうことが出来る点でしょう。転職エージェントはアドバイザーと呼ばれる担当者によって転職活動をサポートしてくれますから、採否に関わる調整も柔軟に行なってくれます。コンサルタントから採用条件に関する条件交渉も行なってもらうことが出来ますから、新しい勤務地まで遠かったり、求人の紹介はしてもらえるが条件交渉の代行を行なってくれないような転職エージェント会社の場合でも、アドバイスの内容を役立てて転職活動を行うことが出来るというわけです。

非公開求人を希望しているような場合でも採用条件がしっかりと書かれているので、業務内容の確認や給与のシステムなどを確認してから、採用の条件交渉を行うことが可能です。内定が決定して勤務を開始する前の事前準備などもアドバイザーが行なってくれますから、採用決定前から余裕を持って転職活動を進めることが出来る点も転職エージェントを利用した方がより良い転職先を見つけられるという理由です。

転職を考えている場合にはとりあえず相談してみるというのも手です。転職エージェントの効果的な利用方法と注意点について知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました