理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」で失敗する理由は、理系技術者が持っている「専門性」が重視されるからです。転職を成功させるなら、自分が持つ技術を活かした転職先を探すと良いでしょう。転職先の候補は「研究開発」や「製造」だけではありません。

製造以外のフィールドで働く技術者がより活躍できる転職先であれば、業種・職種にこだわらなければ、幅広く選択肢はあります。今回紹介する「物流」のフィールドで活躍する技術者は、さまざまな求人情報に目を通し、その中であなたに合った求人を見つけ出そうとしています。転職するにあたり、自分の持っている技術を活かすことができるような企業への転職を目指しています。

ぜひ、この記事を読んでください。転職エージェントと併用することが、あなたに適した転職を叶えてくれるでしょう。自分の持っている技術を活かした転職先を探す方法は、3つです。

理系技術者が転職する場合に「やりたいこと」をしっかり分析するポイント

理系技術者が転職する場合に「やりたいこと」をしっかり分析するポイントは、自分の中に明確な評価軸を持っていることです。つまり、「これは評価されるだろう」という「職務基準評価」と自分の持っているスキルを組み合わせながら考えましょう。さらに、転職したい技術職の種類、技術内容、業界の傾向などを含めた「技術資格」や「転職情報」を棚卸しして客観的に分析すると、より転職の方向性を見極めることができるはずです。

しかし、これらを見極めるまでに時間がかかってしまい、時間がもったいないからと転職準備をおろそかにすると、転職が失敗してしまうかもしれません。従って、じっくりと時間をかけながら転職先を検討し、最終的にどこに転職するのかを決めるようにしましょう。

そして、その結果で本当に自分に合っている会社なのかどうかをもう一度考えてみましょう。技術者は技術や知識をより高めたい、もっと業務が面白くなるように仕事をしていきたいなど、理想を追求したい傾向にあります。

転職は、その理想を実現できるチャンスである一方で、不安やリスクを伴います。

理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」なときは転職エージェントに相談するのがおすすめの理由

理系技術者が転職する場合に「やりたいことが曖昧」なときは転職エージェントに相談するのがおすすめの理由は、求人票には記載されていない隠れたポテンシャルを見抜いていたり、自分の適性を示してくれたりするからです。自分のアピールポイントを的確に指摘してくれるほか、あなたの業務で一緒にやりたいことや、新しい職場で働くメリット・デメリットも事前に確認することができます。具体的なイメージを持って転職活動ができるので、結果的にスムーズに転職を成功させることができます。

また、新しい職場における経験が増えることで、コミュニケーション能力や課題解決能力、自発性が高まり、あなたが自信を持って業務を進められるようになります。職場での人間関係を良くすれば、仕事運も上昇するので一石二鳥です。

そのため、キャリアビジョンがはっきりしないのであれば、転職エージェントの力を借りて、常にアンテナを張っておくようにしましょう。なお、未経験の職種や経験不足の職種への転職を希望する場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました