理系技術者が転職する場合に面接で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に面接で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に面接で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に面接で失敗する理由は、実は同じ理由です。理系は情報系のエンジニアに比べて、ITの基礎も知識も圧倒的に不足しているからです。それでは、転職を成功させるためにも、面接官はあなたの理系スキルをどう評価しているのでしょうか。

この記事で解説していきます。

理系技術者が転職する場合に面接練習をしっかり行うためのポイント

理系技術者が転職する場合に面接練習をしっかり行うためのポイントは、知識・技術の面よりも、面接のときの立ち振る舞いやマナー、特に「面接官の質問でしどろもどろしない」ということです。面接官というのは、その人の技術や人間性の評価をする立場のものではなく、採用するかどうか決めるという判定する立場のものです。そのポジションの人が、面接に合格できないと、会社が存続の危機に陥るというくらい緊張感に満ちた面接を行う面接官もおりますので、転職や就職面接においては、入室から退出までのマナーにも気をつけなければならないのです。

それなのに、面接の練習も事前になさらないのでは、社会人として不利です。転職や就職面接におけるマナーとは、まず姿勢が大切です。

肩を落とし、自信なさげに背筋を丸くしてうつむき加減で座り、相手の目を見ないで話すという癖をつけてしまってはいけません。

理系技術者が転職する場合に転職エージェントとの面接練習をしっかり行うことをおすすめする理由

理系技術者が転職する場合に転職エージェントとの面接練習をしっかり行うことをおすすめする理由は、転職の面接で必ずといって良いほど聞かれる、技術のことや働く上で希望することを簡単にまとめることと、質問への回答を論理的に準備するためです。また、自分の情報を相手に正しく伝える訓練にもなります。転職活動は技術職だけに転職が大変なわけではありません。面接では、他の候補者との差をつけられるように、あらかじめ技術のことを考えて、しっかり準備して面接に臨みましょう。面接の質問に対する回答を論理的に準備することができ、転職活動の対策がしっかりとできていれば、自信を持って面接に向かうことができ、内定を獲得できる可能性が高くなります。

面接を受ける際には、このような面接練習を積極的に利用しましょう。転職エージェントと練習をすることで面接に苦手意識を持っていたエンジニアが内定を獲得できる確率を上げられるでしょう。

転職経験者に転職エージェントを複数利用していて一番良かったサービスを聞いてみました。複数のエージェントを利用して良かった点は、面接に対する不安を軽減してくれたことです。

質問に対する回答を準備するなどの準備の時間をしっかりとれることにとても助けられました。

タイトルとURLをコピーしました