理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動で失敗する場合

理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動で失敗する理由

理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動で失敗する理由は、 書き方が悪かったり、希望する条件で面接を受けていないからです。 例えば、「大手銀行のプロジェクトマネージャー志望」、「メーカーの開発技術者として10年以上勤務しており、仕様変更等の折衝に慣れているから」、「銀行で技術職をしている知人が転職を考えている」のような応募では、うまくいく可能性は低いでしょう。 採用される可能性は低いでしょう。

まずは、これらの条件をクリアした応募内容かどうかを確認しましょう。そのうえで、経験や実績について記述します。 例えば、「金融機関で100件以上のプロジェクトを経験している」、「大学の非常勤講師の経験がある」、「大学での研究がインターンシップで役立った」などです。 これは、転職ではかなり効果的な書き方ですし、応募先の技術系企業も納得できる書き方です。

企業としては、経験者が応募してくれば、即戦力になるでしょうし、 希望条件に対して一歩踏み込んだ技術力を評価してくれます。 それでも面接が進まないのは、採用側も事前に確認し、応募者も納得したうえで選考を進めるためです。

理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動を成功させるために注意するポイント

理系技術者が転職する場合にすでに退職後の転職活動を成功させるために注意するポイントは、大きく分けてふたつあります。ひとつは、「早く転職先を見つけて、早く転職先で活躍する」ということです。理系技術者は給料の高い、安定した企業であれば、比較的短期間で転職が可能ですが、入社後すぐに即戦力が求められることが多くなっています。

そのため、転職先に転職活動が間に合わなくて、焦ってしまい、本来の自分の望むキャリアを歩むことができなかったということもあるかもしれません。せっかくの理系技術職の転職を失敗に終わらせないためにも、早くから次の転職先を見つけ、転職を成功させましょう。

もうひとつは、「客観的に今の自分の能力を把握し、アピールポイントを明確にすること」です。業界経験がないため、自分の本当の価値や能力を見誤り、自分の経歴を過小評価してしまうこともあります。

転職サイトでは、スキルや実績を入力することで、客観的に今自分の職種で何が求められているのか、その点は大丈夫かなど、客観的なアドバイスをもらうこともできます。

理系技術者がすでに退職後に転職する場合は転職エージェントに相談しながら転職活動を進めた方が良い理由

理系技術者がすでに退職後に転職する場合は転職エージェントに相談しながら転職活動を進めた方が良い理由は、年収アップなど待遇面でのメリットもありますが、第二新卒が未経験で転職した先はその前の職先の職場よりもキャリアアップできていることも多いためです。また、現職よりも高い年収を狙える場合もあります。その点で、転職エージェントを活用した転職活動はメリットが多いので、ぜひ活用してください。さらに、エンジニアの場合、職種にこだわらなければ非公開求人と呼ばれる公開を控えた求人も多数あります。

第二新卒を対象とした転職エージェントでは企業から求人依頼が舞い込むことも多く、非公開求人からの求人紹介によって今より好条件の仕事に就くチャンスも多いです。年齢から転職活動が難航する場合は転職エージェントを有効活用して転職活動することをお勧めします。

第二新卒が転職する時の転職理由は人それぞれですが、求人探しや企業リサーチの方法としては転職エージェントの活用がやはりとても有効でした。まだ今より若い第二新卒なら経験よりもポテンシャルやポテンシャルから採用される企業もあるので、転職エージェントの非公開求人を探す機能を利用すれば自分が希望している求人をスムーズに探せるはずです。

タイトルとURLをコピーしました