理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで失敗する場合

理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで失敗する理由

理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで失敗する理由は、大学時代の自分が志望理由を伝えてきたことを覚えていない、企業の人事担当者は理系技術を評価しているにも関わらず、自分の長所を上手く伝えることができないことです。そこで、今回の記事では、理系技術者が転職する際にキャリア形成のために書き留めておきたいことを中心に紹介します。理系技術を評価する企業人事は、理系技術者が長年研究してきたことと、それに見合った業務経験があることだけでなく、志望動機も評価することが重要なポイントです。

そのため、研究成果を話す際には、自分が所属していた研究室で活躍した経験を企業に納得してもらうことが重要です。理系技術者が採用され、企業で活躍するために必要な3つのポイントを図解で紹介するので、参考にして下さい。

この記事では、理系技術者が転職する際に書き留めておきたいことを中心に紹介します。

理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで注目を得るポイント

理系技術者が転職する場合に履歴書の自己PRで注目を得るポイントは、特に押さえておきたいポイントです。専門的技術を持ち合わせていること、実績を正確に説明できること、それらが全てこの履歴書により伝わるためです。また志望動機に関しても同様のことが言えます。

これらで自身の技術や実績、志望動機を伝え、転職の際にも応募先で活用してもらえるようなスキルや人間性の高さをアピールする必要があるでしょう。さらに工夫をすることで、プラス要素とすることも可能です。専門技術の部分は専門の技術をさらに説明できる詳しい言葉で記入し、実績の説明は裏付けとなる客観的な数字を含めた具体的な数字と文章で書きましょう。転職後に活躍しやすい能力は、新しい技術に対応してスキルや人間性の高さをアピールできる、即戦力としての要素があることを表すようにします。

このように一つひとつの文字や文章に感情、意味付けをし、自分にしか表現できない、そして相手に伝わることを意識した書き方をしてみましょう。特に技術についてはこれまで保有していた技術やスキルよりも新しい知識や技術が多くある場合、それらについて書き加えることが望まれます。

理系技術者が転職する場合に履歴書の書き方などに自信がない場合は転職エージェントからチェックしてもらう方が良い理由

理系技術者が転職する場合に履歴書の書き方などに自信がない場合は転職エージェントからチェックしてもらう方が良い理由は、職務経歴書の添削から面接対策までプロのキャリアアドバイザーが行ってくれるからです。自分に足りない情報などもサポートしてもらえて安心です。また、IT業界やシステムエンジニアから他の業界に転職する場合も転職エージェントに相談することで安心です。豊富な実績から、現場サイドの事情や業界の動向についても教えてもらうことができます。

多くの大卒者や高卒者にも同じような相談が行われており、プロの視点からアドバイスをもらうことで、現状を打開することができます。履歴書の書き方から志望動機など、どんな細かなことでも対応してもらえます。

ぜひ利用して転職活動を成功させてください。また、実際にサービスを利用した人の口コミも参考にしてみることも役に立ちます。実際に利用したことのある人の感想を参考にしておくことで、転職へのイメージがより具体的になります。

非公開求人も知ることができますので、もし登録を検討している場合は、まずは相談だけでもしてみることもおすすめします。具体的なイメージがわくのでイメージ通りにキャリアを進めやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました