理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由の質問で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由の質問で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由で失敗する理由は、転職する目的を明確に言語化していないケースが多いです。面接官の質問に対し、意図して曖昧な回答をしていると、面接官は深い目的があっての転職であるのか、自分本位な理由を期待してしまいます。転職をしたいという意思がはっきりしていれば、面接官はその意思の裏付けとなる材料を求めているだけですから、しっかりと応募理由の根拠を答えることが重要です。

次に、転職理由でよくあるのが、理想と現実のギャップに気づくケースです。特に「役職が欲しい」という理想だけで「技術系だから技術職で〇〇業界の〇〇企業に転職したい」という夢を漠然としかイメージできていないケースが多いです。

面接官も転職の目的を明確に理解できていなければ、その熱意を測ることはできないでしょう。その理由を述べることで、面接官の納得感を得ることが重要になります。

技術系の転職で失敗しないためにも、応募企業に求める理想像を明確に設定することが大切です。そのうえで転職をする目的を伝えることが大切です。

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由で好印象を得るポイント

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由で好印象を得るポイントは、志望動機を簡潔にすることです。事務職から営業職、設計職など、どの職種でも技術者本人が技術者として成し遂げたことよりも、それらに携わったさまざまな職種の人たちへ抱いている感情を伝えることが採用には大切です。特に面接官は応募者の仕事内容を知らないため、技術的なことにあまり深入りしないように面接を通して応募者の性格を把握しようとしています。

また未経験の職種は技術に関する経験や知識について問われることは少ないですが、未経験の職種で営業職を経験していた場合、「なぜ技術職が応募職種なの」と質問されることがあります。そのため面接の際には、技術的なことは二の次にして、応募企業に入社後にどのような仕事がしたいのかということや、これまでに培ってきた能力・スキルをアピールし、書類審査が通った後は、そこから少しでも自分を高めるために自己啓発に取り組んできたことを面接で確認されることもあります。

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由など良くある質問は転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由

理系技術者が転職する場合に面接時の応募理由など良くある質問は転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由は、職種を絞った転職サイトであれば、履歴書記載の要望欄は、掲載されているので、履歴書を作成するさいは、転職サイトを活用するようにしましょう。例文、解説を参考にして、面接での転職理由の回答を導くことも転職サイトでは用意されているので、志望理由の回答を手軽に探すことができるからおすすめです。転職サイトで履歴書を作成するさいの注意点は、履歴書作成時に希望する職種に絞って転職理由を入力することをオススメします。

なぜ、技術者は関連職種を志望される方が多いのでしょうか。システム設計を志望された方は、「どうしてシステム設計を志望されたのですか。」、というように質問されることが多いので、自分の持っている志望動機を明確に記述して、詳細に回答を作成するようにしましょう。

技術者はキャリアを積むほどに、希望した職種から離れていると感じる方が多いので、キャリアチェンジする意志が強いことをアピールできるように転職理由を考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました