理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事な理由

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事な理由は、次の理由からです。企業の方から「では、○○さんのような方を採りたいと思います」という推薦状を発行いただける可能性があります。推薦状の中には良い点だけでなく、悪い点も書かれていますので、面接結果と合わせて活用しましょう。

スカウトメールで指定された場合には、非公開求人サイトを使っての応募が可能となります。ただし、一般公開しない求人の中には、各IT転職サイトや転職エージェントでも取り扱わない求人が含まれており、自分が探しづらいと感じる求人も含めて探しだすことになりますので、求人広告やサイトに注目することも大事になります。

それから、面接の進め方や準備などは人によって意見が異なりますから、自分の意見と転職エージェントの意見を考慮して、自分の転職活動がスムーズに行えるようにしましょう。転職活動は1人でするものですから、十分に気をつけなければなりません。

もし面接結果の連絡が遅い場合には、早めにエージェントに問い合わせをしてください。面接を終えた後で、エージェントと話し合いの時間を持った場合に、自分が想定していたことと違っていたと後悔することになりかねませんから。

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事なという考え方のポイント

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事なという考え方のポイントは、面接後に年収交渉するのが当たり前という考え方が定着している点と、面談後に「転職はしないほうがいいですよ」と言われたとしても、実際のところ、エージェント経由で転職する場合でも年収交渉をしている転職者がたくさんいます。要は、求人情報を直接、エージェントに伝えると、年収は上がることはそれほどなく、落ちたから転職活動をしたのに、年収は上がった場合、デメリットが高額になります。成功報酬として転職エージェントが高い報酬を稼ごうとするのを避けるためには、事前に転職エージェントに面接で落ちた理由を正確に伝えるのが大事ということになります。

企業に応募しても落ちてしまったから、転職活動をしたくなることはあると思います。そこで、以下の応募先別のオススメ転職エージェントを3つランキングにしてみました。

特徴をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。キャリアアドバイザーとの相性で評価が変わる可能性が高いということですので、各転職エージェントのアピールポイント、担当営業についても確認しておきましょう。各転職エージェントのメリット・デメリットは求人件数トップ3社でも説明しています。

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事なという考え方のメリット

理系技術者の転職活動では面接後に評価されなかったかを転職エージェントに必ず確認することが大事なという考え方のメリットは、書類選考で落とされると、何を頑張っても次回また書類選考からやり直しとなるからです。面接結果としては良い評価でも、準備不足や応募企業理解不足などの理由で落ちてしまうこともあります。ですので、しっかりと自分のどこをアピールするのかを転職エージェントと相談し、転職活動に役立てるようにしましょう。

また、複数の転職エージェントに登録するメリットとして、転職活動のスピードも早くなります。企業から「興味あり」と返信をもらう前にスカウトされることもあります。

さらに、自分だけにしかない技術を転職エージェントが教えてくれて、年収交渉も代行してくれるというメリットもあります。技術関連会社の転職を考えている方は、技術を分かりやすくアピールし、納得できる転職を実現しましょう。

ITエンジニアは転職市場でニーズが高く、20代後半から30代になってエンジニアを辞めるというケースは多いです。そして、ブランクが気になる方も転職エージェントに相談すれば、求人情報の紹介や面接対策、応募書類のアドバイスを行ってもらえます。

タイトルとURLをコピーしました