R言語

スポンサーリンク
R言語

r tidyverse 使い方 | 行のソート arrange関数 – dplyrパッケージ

tidyverseで1つのデータフレームに対する行のソートは、dplyrパッケージのarrange関数を使います。arrange関数は、データフレームの行をソートする関数です。エクセルの行の並べ替えのように、優先度の高いものから複数の条件を...
R言語

r tidyverse 使い方 | 2つのデータフレーム結合 inner_join関数 – dplyrパッケージ

tidyverseで2つのデータフレームの結合は、dplyrパッケージのjoin系関数を使います。キーが共通する部分を結合するinner_join関数がよく使われます。2つのデータフレームの結合条件によって、その他のjoin系関数を使い分け...
R言語

dplyr filter関数で行の絞り込み | r tidyverse 使い方

dplyrパッケージのfilter関数をつかえば、データフレームの行の絞り込みができます。指定した条件を満たす行を絞り込みます。複数の条件を指定した場合、全ての条件を満たす行に絞りこまれます。 条件式では、論理演算&(AND)や、|(OR)...
R言語

r tidyverse 使い方 | 列 filter 絞り込み select関数 – dplyrパッケージ

tidyverseで1つのデータフレームの列の絞り込みは、dplyrパッケージのselect関数を使います。selectは条件を満たす列を絞り込む関数です。様々な指定方法で絞り込みができます。列名と文字列条件のマッチや正規表現を利用した絞り...
R言語

tidyverse csv・tsvのファイルの読み方・データ型の指定方法 readrパッケージ

tidyverseを使う場合、ファイルの読み書きにはreadrパッケージの専用関数(read_tsv関数・read_csv関数)を使うのが便利です。これらの専用関数ではデータ・フレーム構造より使いやすいtibble型でデータを読み込みますが...
R言語

tidyverse インストールとロード tidyverseの主なパッケージ

tidyverseはRのパッケージの1つで、データ操作(抽出・連結など)を統合的に扱うためのツール群です。Rを起動後に、tidyverseのインストールを行います。インストール完了後は、使うときにパッケージをロードして使います。 とにかく早...
Excel

R と Excel 分散 標準偏差 計算 データの散らばりについて

データ分析の基本である、分散 標準偏差について、Rとエクセルで比較してみましょう。ExcelやRを使って、自分で計算するとより理解が深まると思います。 データの散らばり 分散 標準偏差 スポンサーリンク (adsbygoogle = win...
Excel

R と Excel 度数分布表 ・ ヒストグラム

データ分析の基本である、ヒストグラムと度数分布表について、Rとエクセルで比較してみましょう。 度数分布表 と ヒストグラム スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})...
R言語

R NA (欠損値) データフレームのNAを探す方法

データフレームに NA は含まれるか? NAは欠損値で、データの観測ができない場合などを表します。データフレームを使った計算にはNAの除去が必要になる場合があります。NAを除去するのは簡単ですが、まずは「どのデータがNAか?」を確認する必要...
R言語

R NAの除去方法(欠損値の除去)

RのNA(欠損値)の除去についてまとめます。 欠損値 NA とは RでNAは欠損値で、データの観測ができない場合などを表します(ベクターやデータフレームにNAが入っていることがあります)。NAを含むデータを使った計算では計算結果もNAになる...
スポンサーリンク