パイプ と xargs 前のコマンド結果を「利用して」次のコマンドを実行する

バイオインフォ道場、くまぞうです。

パイプ と xargs を組み合わせる

スポンサーリンク



単純なパイプ 使い方

複数のコマンドをつなぎあわせて順番に実行することを「パイプでつなぐ」と言います。コマンド同士をパイプ(|)でつなぎます。

$ ls
aaa.txt bbb.txt ccc.txt


$ cat aaa.txt
aaa 123

$ cat bbb.txt
bbb 111

$ cat ccc.txt
ccc 12345


$ ls | grep "123"
$

この例では、はじめにlsを実行し、次にgrepを実行します。パイプによる結果の受け渡しは単純で、lsでファイル名の一覧を取得し、grepで一覧中に123を含むものがないかを検索します。この場合、結果は「空」で返って来ます。

xargs と パイプを組み合わせる 使い方

例えば、lsで得たファイル1つ1つにgrepコマンドを実行したいときはどうすれば良い?でしょうか。つまり、前のコマンド結果を「利用して」次のコマンドを実行する方法はないでしょうか? そのような使い方を実現するのが、xargsコマンドです。xargsコマンドは、前のコマンド結果を整えて、次のコマンドに引数として渡します。この場合、パイプでつながれた次のコマンドは、それらを1つずつ処理して結果を返すことができます。

$ ls | xargs grep "123"
aaa.txt:aaa 123
ccc.txt:ccc 12345

この例では、はじめにlsを実行し、次にその結果を「利用して」grepを実行します。xargsを使うと、一度に処理できるので大変便利です。パイプを使わずに、ファイル一覧を取得して全てのファイルについてgrep検索した場合と同じ結果が得られます。

$ ls
aaa.txt bbb.txt ccc.txt

$ grep "123" aaa.txt bbb.txt ccc.txt
aaa.txt:aaa 123
ccc.txt:ccc 12345
スポンサーリンク





ピックアップ記事

  1. awk if サンプルでわかる条件文の書き方 一致・大小比較・正規表現を簡潔に書く方法

    awkのif条件文は、条件によって処理をわけたいときに使います。条件式では、0の判定・関係演算子・…
  2. tidyverse – distinct関数でデータフレームの重複行を削除 dplyrパッケージ

    tidyverseでデータフレームの重複行の削除を行う場合、dplyrパッケージのdistinct…
  3. R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット

    グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わ…

人気記事

  1. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  2. R データ型 - 文字列・ベクター・データフレーム・マトリックス など-, R言語, スクリプト

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…
  3. Excel, その他, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…

おすすめ記事

  1. bash 応用, シェルスクリプト

    シェル スクリプト ファイル存在チェック・空のファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  2. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…
  3. awk, bash 文字列操作, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…