理系の転職 面白いことができないから転職したい

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職 面白いことができないから転職したい

理系の転職で「面白いことができない」から転職したいを成功させる方法

理系の転職で「面白いことができない」から転職したいを成功させる方法は、まず「できない理由」を考えます。研究職から技術職の転職というのは、特に研究職の経歴も技術職のものを持っている人にとっては普通のことです。ただ、ここでよく考えてほしいのですが、研究室では優秀で何もできない人はいません。

優秀な人であれば、日々の研究であとは追試を受ける程度で特に問題なしという状態にまで育ててくれますし、中には別の職業に興味があるからという理由で研究室を退学される方もいます。そのため、研究職から研究職の転職というのは研究と関係ないのであれば別に特別なことはありません。

そこで自分が今、研究職から研究職で研究が物足りないから転職したいということになれば、そこは「できない理由」ではなく、むしろ仕事内容に対して期待値が高くなっている可能性があります。実際に転職して、研究から研究へという状況になってみることで、この変化に気づくことができる場合もありますが、基本的に「できない理由」をひたすら挙げるよりも、「できる理由」を考えられるようになれば、技術職の転職というのも成功しやすい状態になってきます。

タイトルとURLをコピーしました