理系の転職 肩書や報酬の高さで失敗しないようにする

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職 肩書や報酬の高さで失敗しないようにする

理系の転職で肩書や報酬の高さで失敗しないオススメの方法

理系の転職で肩書や報酬の高さで失敗しないオススメの方法は、実績のある転職サービスを選び、転職の前に希望の転職先となる担当者を明確にしておきましょう。年収アップ、休日が増える等の採用条件で選んだと見られるよりは、職場環境が良く、中身に充実しており、といった条件を優先したほうが良いでしょう。異業種への転職を図ってみても、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合があるでしょう。

貴方が転職希望者であり、もし若いのであれば採用時に経験の有無が問われないというパターンも考えられますが、既に30代後半であるという方は諦めた方がいいかもしれません。とは言ったものの、慢性的に人員不足に陥っているような業種というのは探せばありますので特に労働条件への拘りなどなければ異業種への転職も不可能ではないでしょう。

異業種への転職を図ってみても、転職先がなかなかみつからないことがほとんどです。転職希望者が老齢である場合を除き、経験がなくても受け入れてもらえるなど、採用されやすい資格を取得しておくなど、あきらめない気持ちが大切だと思います。

資格を持つ人全員が採用されるとは考えられません。

理系の転職で肩書や報酬の高さで失敗する場合

理系の転職で肩書や報酬の高さで失敗する場合は、比較的多くあるのが現実です。というのも、理系業種は、研究職と技術職に分かれるのですが、この研究職と技術職の間の違いが激しいからです。どちらに進むかによって、得られる報酬は大きく変わります。

まずは、それぞれについて、まとめていきましょう。大学での研究職修士を卒業した理系ならば、一般的に、一般企業に就職する場合が多いですが、それ以外では、MBA取得後に進学するという方法があります。もちろん、一般企業への就職も可能ですが、理系としての成果が見込めなければ給料は高くありません。また、企業の研究部門への就職や、理系大学での研究室勤務も考えなければならない場合も多いです。

場合によっては、研究職では年収500万円を超えることも不可能ではないでしょう。一方、新卒社員の中から選ばれるのが技術職の職種になります。

理系でも大学に進学する場合が多く、進学に際して、自分の目指す仕事に近い専攻を選ぶことが可能であることもメリットです。その分、理系職に比べて給料は高くはありません。

タイトルとURLをコピーしました