理系の転職は「35歳まで」は本当か?

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職は「35歳まで」は本当か?

理系技術者の転職は35歳までと言われる意味

理系技術者の転職は35歳までと言われる意味は、どの様なものだったのか、またそれ以降はどのような傾向があると言われているのでしょうか?

転職は35歳までとはよく言われますが、技術者にとって35歳はまだまだ未完成な部分がありますし、中途採用でも現場では若い技術者を求めています。もし未完成な部分があるにも関わらず、35歳まで大した経験もなく、新卒と同程度の扱いを受けていたならば、それ以降年齢が上がっても転職がスムーズになるどころか、技術の修正点を指摘される等、キャリア面で評価されない可能性も出てきます。

転職を希望する年齢層が35歳までだからと言って、やみくもに転職活動をすれば良いわけではありません。それではかえって転職のチャンスを逃してしまう事も考えられます。

転職について考えてみると、どの様な点から転職した方が良いか検討する様にしましょう。例えば35歳と言う年齢が高いと感じているなら、その年齢で転職する事を狙った転職活動も考えなければいけません。その点を踏まえて、まずは35歳までと35歳を過ぎてしまうと、転職の条件はどうなるのか考えてみましょう。

理系技術者が35歳を超えて転職する場合

理系技術者が35歳を超えて転職する場合は、いきなり年収が上がることはないです。転職を考える人は、どういった職業を選ぶのがいいかというと、専門職は、求人の時に、その条件として指定されている資格を有するなどと転職をすることが可能です。人事部を担当していた際に面接で経験の有無が問われがちな場合もあります。

ですが、流れにそってやっていけばいいと思います。家族と転職の話をしても、自分の思うようなアドバイスを貰えるとは考えないでください。家族はあなたの仕事での状況をしっかりとわかっていないからです。

理由を説明して転職したいといっても「へーそうなの」程度しかわかってくれないこともあるでしょう。「自分の思うようにやればいい」といった簡単な言葉であっさりと片付けられてしまうことも考えられます。

転職は条件によって大きく収入をアップできる可能性が高いので、大企業への転職に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。ただし、大企業への転職を成功させるのは中小企業への転職を成功させる以上に困難ですから、こだわらないのが得策かもしれません。35歳転職限界説はよく聞かれますよね。しかし、実際は、個人の能力差が大いにあるかもしれません。

どうしても転職する際の年齢が気になるなら、技術として続けるか・管理者として成長するか、そういうところも検討してみると良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました