理系の転職で必要なのはビジネスの基礎

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職で必要なのはビジネスの基礎

理系技術者の転職でビジネスパーソンとしての基礎が必要とされる理由

理系技術者の転職でビジネスパーソンとしての基礎が必要とされる理由は、まず、理系科目は総じて、理解することが難しく、数式もかなり増えるという点が挙げられます。そのため、技術者の求人には、このような技術者の基礎知識をしっかり理解していることが求められているのです。さらに、技術の発展と社会のニーズは必ずしも連動しないこと、理系技術者が求められる知識は多岐にわたるため、理系の基礎知識に加えて文系的な知識も必要になってきている点も理系技術者の転職として大きな特徴であり、ビジネスパーソンとしては必要なベースの知識であると言えます。

加えて、就職や転職に向けてビジネス全般の基礎を学んでいること、これからビジネスパーソンになる予備軍であることを示すことも理系技術者の転職において大きなアピールポイントとなりえます。つまり、ビジネスパーソンである前に技術者であることを意識することが、企業としては重視されていると言えましょう。

理系技術者がビジネスパーソンとしての基礎を身につける方法

理系技術者がビジネスパーソンとしての基礎を身につける方法は、以下の3つが主な方法になります。まず、社会人としての基本がわかるものとして、新入社員は教育研修をしっかり受けることが求められます。そして社会人になったら、まず必要な資格をとることを勧めるべきでしょう。

またパソコンを使った実務で必要となる技術については、短期間で集中して勉強すれば、その習得に十分なスキルを身につけることが可能です。さらに自ら研究開発を行うのは時間とコストが掛かりすぎます。

しかし技術伝承のために技術者に教育を施すことはできても、その技術者がその技術を新しいビジネスに結び付けるための手だてを明示することはできません。ここに事業化の壁が立ちはだかることになるのです。このように技術者がビジネスを考える場合も、技術者個人によってその能力は異なります。そこで技術者同士お互いに助け合い、全体としての目的と目的に対する成果の目標を検討して、共同研究に活かすことが求められます。

理系技術者がビジネスパーソンとしての基礎を基本から学ぶ場合

理系技術者がビジネスパーソンとしての基礎を基本から学ぶ場合は、本書の有効性は高いのではないか。理系の学生や技術職の若手のキャリアアップにもぜひ。なお、本書は、文系の大学や技術系専門学校の理系生徒も十分理解できるように書かれている。本書後半に図解や補足説明があり、理系生徒も理解しやすく助けになっている。

技術者として活躍したいと考えている若い方の必読の書である。また、編者らが提示する「各分野での活躍の場」も参考になろう。もちろん、優れたマネジメント手法や論理的思考などの経営学に関する内容も本書の題材のひとつになっている。これから経営者になりたい方たちにとっても、マネジメントとは、リーダーとは、組織とは、経営とは…と考えながら読み進めることで参考になるとおもう。

企業の経営全般を俯瞰する本としては最適の書である。読み物としても楽しく読める本だと思う。ぜひご一読を。

タイトルとURLをコピーしました