理系技術者と管理職

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者と管理職

理系技術者で管理職にも向いている人

理系技術者で管理職にも向いている人は、やはり理系出身者でしょう。営業や技術職でも理系の知識があれば管理職になれる可能性はありますが、理系の知識があるほうが技術力があり、社内のコミュニケーションなどもスムーズにできるので、転職の際にも有利に働きます。管理職になるのに向いている人は理系出身者とは限りません。自分がどのような分野で技術を身に付け、管理職として活躍したいのかを明確にするようにしましょう。そして、管理職になるために必要な知識やスキルを身につけることも大切になります。

若いうちに管理職になっておきたい、スキルアップを考えているというのであれば、大学や専門学校など早い段階で将来のことを考え始めることも大切になります。将来、管理職を目指したいのであれば早めに情報収集を行い、どんな場所でどのようなスキルが必要とされるのか知ることが重要になります。

将来、管理職として活躍できるようスキルを磨いておきましょう。そうすれば、管理職になった後も、会社の成長に貢献することができます。まずは、将来管理職になるために必要なことをよく考え、どういう行動を取れば管理職になれるのかを明確にしましょう。

それにより、自分が管理職に向いているのかを知ることができます。このような人材が管理職になれば、当然、会社の業績もアップします。

理系技術者で管理職には向いていない人

理系技術者で管理職には向いていない人は、仕事はしっかりしてはいるけれど、上司からの扱いに悩んでいる人ではないだろうか。面接で評価が高く、技術力が優秀でも、言われたことや新しいことを吸収することに一生懸命で、上司や管理職の扱いにも配慮できていない、こういう人は管理職に向かないかもしれない。物事にのめり込んでしまう人は、仕事をしながら自分自身をしっかりと見つめ直し、管理職の立場になって対応することを学ぶ必要がある。

技術を管理する立場になることは、決して技術力が高まらないとは限らない。上司や管理職の立場になって仕事を理解し、自分の技術を見直すことで、むしろ技術力が上がっていくものである。

しかし、技術者はどのような部署にいても指示命令をはっきりする訓練を受ける機会が少ないため、技術の管理が難しいのである。

技術者でも、例えば社内IT関係の仕事を兼任している場合、パソコンを使いこなし、情報管理に不安はないようだ。しかし、技術を理解して、人に指示をする能力が低いため、上司や管理職として適切な指示を出せない場合がある。

管理者になるには、まずコミュニケーション能力を高める必要がある。

タイトルとURLをコピーしました