理系技術者とマネジメント経験

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者とマネジメント経験

理系技術者にもマネジメント経験が必要な理由

理系技術者にもマネジメント経験が必要な理由は、理系の研究開発は複雑で、特に先端技術がどんどん進歩してく中で、その機能を捉え、開発し、継続的に性能と機能を維持することが必要だからです。研究者個々人の問題ではなくチームとしての研究開発が求められているのです。そのためには、理系技術者にもマネジメント能力が求められているのです。

研究開発はもちろん、PM業務においても、チームでコミュニケーションし、組織の目標を達成しなくてはいけない。だから、文系技術者と理系技術者で違いはないのです。

そういう意味で、文系か理系かということで、プロジェクトマネージャーの仕事を語るべきではない。実は、「プロジェクトマネージャーは必要なんだろうか」といった声があり、われわれとしては非常につらい立場にあります。あるとき、「自分はPMに向いていない」と言い出す人間もいるんです。

理系技術者がマネジメント経験を増やすために

理系技術者がマネジメント経験を増やすためには、ソフトウェア技術への向き合い方が従来とは違うものになっていかなければいけないと思っています。

例えば、IT業界の話であれば、最終的な納品物はプログラムコードです。しかし、コードだけでビジネスができるわけではありません。ビジネスとして成立することが出来なければ、ソフトウェアの品質はビジネスにとって価値がありません。コードを書くことはビジネススキルの上達のために必須ですが、その次に来るビジネススキル、つまりビジネス知識、業務知識、プログラミング技術などの様々な知識や考え方などはソフトウェアの品質とは別のスキルによってソフトウェアを品質良く動作させることができます。

特にソフトウェアの品質をよくするために業務知識は重要です。業務知識がなければ適切なコードを書くことができないからです。品質の良いプログラムには、適切なマネジメントが必須です。

技術者の「マネジメント嫌い」はよく聞く話ですが、技術者もビジネスの本質を理解し、マネジメントに積極的に関わっていく必要があります。いま、そのようなマネジメント経験のある理系技術者が求められています。

タイトルとURLをコピーしました