理系技術者の視野を広げるための配置転換

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の視野を広げるための配置転換

理系技術者の視野を広げるためあえて他部署を経験させることの意味

理系技術者の視野を広げるためあえて他部署を経験させることの意味は、ある特定領域に長くとどまって技術を磨き続けるのと比べて、より広範な見識と経験を得る上で大きな意味がある。さらに、他部署を経験することにより社内人脈を広げられるチャンスでもある。今後のグローバル競争の時代を生き抜くためには、エンジニアが幅広く視野を持って社会と関わっていくことがますます重要になっている。

エンジニアリング本部の仕事は、まさにこうしたニーズにこたえる一分野だと思う。我々の仕事は、エンジニアリング本部の屋台骨を支えている。

この人材交流の場を機に、より幅広いエンジニアにエンジニアリング本部の一員になってもらいたいと考えている。そのために、希望部署以外の人も積極的にお招きしていきたい。また、数か月に一度、技術部を跨いで技術教育を進めるようにしている。他部門の人が身近に、しかも教育者の立場からも技術を見ることで、より実践的な技術教育が可能になり、技術を体系的に理解するのに有効である。

部門間の交流が増えるほど、技術者同士の垣根が低くなる。

理系技術者の視野を広げるための他部署への配置転換で自分を磨く方法

理系技術者の視野を広げるための他部署への配置転換で自分を磨く方法は、自分の可能性をグンと広げることができます。他部署への配置転換というのは、文字通り、現在ある部署から部署を転々としていくことになるので、自分の能力を評価されたのだ、という実感をエンジニア自身が持って取り組むことが大事です。例えば、技術そのものに興味があり、新しいことにどんどんチャレンジしたい、という人はもちろん、営業としてお客様と接していくのが得意なのであれば、もっとモノづくりに携わる部署に異動を希望する、といったように自分の意志で、適材適所を考えていくことが一つのコツでもあります。

また、営業から製造に異動して得た実務経験を活用するというケース、自分の部署を引っ張っていくためにリーダーになるといったケースなど、いろいろなケースがあるでしょう。ただし、他部署への配置転換で失敗しないようにするためには、自分のスキルをさらにステップアップさせていくことが必要です。

自分が今何を求められているのか、そのためにはどういったスキルが必要なのか、といった点をよく考えながら、チャレンジしてみるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました