理系の転職で差がつくコミュニケーション能力

理系技術者の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職で差がつくコミュニケーション能力

理系技術者の転職でコミュニケーション能力が注目される理由

理系技術者の転職でコミュニケーション能力が注目される理由は、理系人材は文系と違い、専門性が重視されますが、顧客としてはコミュニケーション力がある人材が欲しいと思っているからです。

転職時にコミュニケーション力をアピールするなら、まずは基礎的な会話能力からしっかり磨いていきましょう。コミュニケーション能力は一朝一夕では身につかないので、先輩やクライアントとの面談のとき、またはクライアントからの問い合わせに答えるようなときにコミュニケーションを意識してみましょう。相手に伝わりやすい言葉で、簡潔に回答するように心がけると良いです。

理系技術者がコミュニケーション能力を身につける方法

理系技術者がコミュニケーション能力を身につける方法は、「聞く・話す・読む・書く」の四つの技能を伸ばすことであり、言語・非言語、視・聴のどの要素で改善すべき点をしぼって学習するのがベストです。

言語などのコミュニケーションにおいて相手が話していることを正確に聞きとることには、ある程度のスピードが求められ、相手に理解されやすいように意識的に話し手に近づいて話すことも必要となります。非言語は表情・姿勢、視・聴の技能の向上によって可能になり、視線を交わせる距離は1メートル前後が望ましく、目を合わせず、横顔・死角から相手を見抜くような接し方は避けたほうがいいなどのテクニックがあります。

これはビジネスの場において関係性を円滑に進める上でも必要不可欠ですが、学生時代からこれらの技能を鍛える訓練をしておくことが重要です。コミュニケーション力は技術職に限らず社会人にとって重要なスキルの1つです。技術職は、コミュニケーション能力より自らの手で成果を出すことに評価が偏っている場合もあるので、身につけたければ自ら積極的に能力を伸ばす姿勢が重要になります。

タイトルとURLをコピーしました