理系技術者の転職では給与交渉をエージェントに任せるべき

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職では給与交渉をエージェントに任せるべき

理系技術者が転職で給与交渉を自らおこなう場合の注意点

理系技術者が転職で給与交渉を自らおこなう場合の注意点は、求人・案件の探し方とそれに向けてのプロセスです。これらは別ページにまとめてありますので、未読の方はそちらをご覧ください。前置きが長くなりましたが、次に、上記のポイントをクリアした、成功事例を紹介します。

まず、募集内容の決定と交渉は、基本的に、技術者のネットワーク内の有力な技術者に協力をあおぎます。実際、大手転職サイトGreenなどで掲載されている技術者の募集は、ほとんどが「技術者が連絡すること」を前提に書かれています。

以下に掲載するのは成功者のケースです。ほとんどの場合、技術者の側も技術力を高く評価しているため、採用される確率も高いです。給料の交渉や、待遇の不満を伝えた場合のその後の対応など、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、交渉のゴールは、「求人会社との直接交渉をおこたらないこと」です。転職の窓口となってもらうだけではなく、自らの実力で採用を勝ち取る姿勢が大切です。

理系技術者の転職で給与交渉が難しい理由

理系技術者の転職で給与交渉が難しい理由は、IT業界の研究開発の最終結果を見るまで、いくら以上の成果が出るのか誰も知らない点。プロジェクトの成功は担当者のスキルの高さ・成果への熱意・運に左右され、転職しても変わらない場合が多いのが現状だ。とは言え、転職の経験が全くない方に対しては、「そのエンジニアの給与事情はどの程度のものか」まで詳細について全く考慮に入れない企業も多々ある。

キャリアが長く給与交渉を経験してきた私(有本香氏)から見ましても、情報公開が明らかに十分でないために納得できるレベルに満たない給与で納得を強要されがちな技術者を拝見することもよくあることです。たとえ年収200万円で契約を結んでも「その1000倍以上の売上を出す」という技術者と「それより低い年収で我慢できない」技術者の賃金格差には開きがあっても不思議ではない。

そもそも転職すること自体が冒険です。エンジニアの皆様には、くれぐれも転職の際には、「このエンジニアの能力を鑑みて、どれくらいの給与を提示するのが妥当なのか」という点のリサーチも忘れないでくださいね。

理系技術者の転職では給与交渉をエージェントに任せるべき理由

理系技術者の転職では給与交渉をエージェントに任せるべき理由は、キャリアエージェントは業界と年収の関係を解明するだけではなく、自分の希望金額を引き出すために交渉を行うからなのです。技術の専門性を理解して、どのような企業に就職すれば、長く働くことができるか、転職後に達成できることなどをふまえて転職活動することが大切です。キャリアエージェントは転職を実現するために、先を見越して交渉することを職務としており、自分の希望金額を引き出し、より良い条件で働けるようにサポートするプロです。

企業ごとに年収や待遇が変わってくる技術職では、年収が転職後も変動する可能性があることを理解し、慎重に交渉することが重要といえるでしょう。キャリアエージェントは企業から転職希望者の転職先候補となる企業を紹介してもらい、転職希望者の適性を見て転職先を決定していきます。

求人を出している企業は自社で利益を得て、転職希望者にも対価を支払います。

タイトルとURLをコピーしました