理系技術者が地方転職を考えたとき

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者が地方転職を考えたとき

理系技術者が地方に転職する場合に考えておくこと

理系技術者が地方に転職する場合に考えておくことは、できるだけ大きく成長できる環境を選ぶということです。地方というと、どうしても情報が少ないし、偏った情報しか得られないと思いがちです。そのため、地方だから不利、不利だと思ってしまうのも無理はありません。

特に地方では、やはり首都圏と比べると、技術者の数が圧倒的に少ないです。そして、首都圏に比べるとやはり資金力が足りません。

そのため、地方の企業は、特に新卒採用などの積極性はあまり感じられないかもしれません。しかし、一度でも地方の仕事に就くと、その魅力に気づくようになります。とにかく、会社としても、地方であっても、魅力的な仕事を提供できる企業が増えてきており、例えば地方に新しいビルやホテルが出来るなどといったことは地方に大きなメリットがあります。

そのため、全く情報が無いというわけでは無く、企業とのコネクションを作っていけば良い情報を得ることが出来る場合もあると思います。しかし、都市部に比べて、転職市場が整備されていないという点は、どの地方でも変わりありません。

そのため、地方の会社に入社した人の中でも、どんどん若くして退職したり、転職したりすることが多くなっています。

理系技術者が地方に転職する場合に準備しておくこと

理系技術者が地方に転職する場合に準備しておくことは、まず自分がどのようなバックグラウンドを持っているかを明らかにすること、次に自分がどのような職務を行うつもりなのかを明らかにすることです。研究職を希望している場合、通常は企業が所有している科学技術関連の研究施設に4~5年従事してから転職することがほとんどでしょう。そういった場合、自分がどのような研究を行うつもりなのか明らかにする必要があります。

また、ある程度の研究実績がないと、採用者側も採用を躊躇します。したがって、面接は技術系技術者が地方転職する場合特に重要になるでしょう。基本的には、大学の研究室で研究開発の経験がある方が多いと思いますので、研究計画書をどれだけ丁寧に作成し、再現性を確保できる研究なのか、どのような研究成果を出すかを説明する力をつける必要があります。

また、地方転職してもその企業とのかかわりが切れることはありませんので、仕事に対する責任感についても説明できれば良いでしょう。自分がどこまで頑張るつもりなのか、その決意は熱意として伝わります。

また、地方の企業は社内の連携が不足していることも多いので、そういった意味では協調性をもっていることもポイントとなります。企業経営も年々変化していきます。

タイトルとURLをコピーしました