理系技術職の思考停止

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術職の思考停止

理系技術職が思考停止で視野が狭い仕事をしてしまう理由

理系技術職が思考停止で視野が狭い仕事をしてしまう理由は、一つのシステムが無限に複雑で、自分達が考えていることが実はそのシステムのほんの一部にすぎないと気づかないことです。多くの技術者は自分が働いているシステムが世の中でどんな価値を持つのかを理解していると思っているようです。例えば、ほとんどのシステム設計者は、自分のやっている仕事が本当に世の中の役に立つかを吟味することはしません。

とにかく仕事の範囲が広いため、一つのことに集中できないのです。技術者は本来、問題をできる限りシンプルな構造に落とし込んだ上で、それを頭の中でシミュレーションするのが得意です。ですが、そのシミュレーションが正しいかどうかを知るには、問題そのものが明らかになっているか、本当にその問題に関わる者が少なければ少ないほど分析は正確になります。

つまり、問題が広範囲な上に複雑なため、じっくり考えてあれこれと試すことができなくて分析が適切でなくなるという罠があるのです。現代の科学技術の世界では、大量のデータを処理することが中心ですから、コンピューター上ならば複雑な計算を一瞬でしてくれます。

理系技術職が仕事に対する発想を広げるために

理系技術職が仕事に対する発想を広げるためには、どういった要素が必要で、その発想を広げることが期待できるのかについて解説していきたいと思います。発想を広げるためには、現状への課題意識を持ち、知識を蓄えて、その知識を生かすための思考をすることがまず必要です。また、問題解決をするための技術を高めていく必要があります。

その技術の向上のためには、発想を広げる能力を高めていく必要があります。そして、発想を広げるためには、物事を深く思考し、見抜く目を養うことと、様々な角度から考えるような勉強をしていくことが求められます。今回は、発想を広げるためには、現状への課題意識を持ち、知識を蓄えて、その知識を生かすための思考をすることがまず必要です。

その発想を広げるためには、現状への課題意識を持ち、知識を蓄えて、その知識を生かすための思考をすることがまず必要です。そして、問題解決をするための技術を高めていく必要があります。

その技術の向上のためには、発想を広げる能力を高めていく必要があります。そして、発想を広げるためには、物事を深く思考し、見抜く目を養うことと、様々な角度から考えるような勉強をしていくことが求められます。

理系技術職が仕事に対する発想を広げるためのおすすめの方法

理系技術職が仕事に対する発想を広げるためのおすすめの方法は、自分の専門分野外の工学系書を読むことです。自分の専門分野と同じくらいの能力、専門分野内で少し応用が効けばよいと考える技術者が近年増えており、技術者が持つ技術知識や経験の幅を広げることが難しくなっています。同じ工学系の本を何百冊読んでも新しい発見はないように、技術者向けの読書でも新しい発見や驚き、学びはあまり期待できません。

特に、専門書の何冊ものうちから自分の専門性と関係のない分野のものを選んで読むと、自分の専門分野から大きく外れることもなく、また、他分野の人たちが何を考え、何に焦点を当てて業務を行っているのかも知ることが出来ます。工学部、工学部系学生、化学、物理、生物、情報、電気、エネルギー、機械、自動車、生化学、生理学、神経科学、経済学などなど、科学技術系の様々な学問分野の異なる視点から話題が出た場合の思考実験が簡単に出来るのも技術書を読む魅力の一つと言えます。

以下に最近読んだ科学分野の異なる分野の専門書です。

タイトルとURLをコピーしました