理系技術職の転職で意識すべきは「社会に価値を生む人材」

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術職の転職で意識すべきは「社会に価値を生む人材」

理系技術職が社会に価値を生む人材に成長するために

理系技術職が社会に価値を生む人材に成長するためには、どのような経験を積んでいくことが大切なのでしょうか。今回は、私が博士前期課程に在籍していた経験をもとに、技術職が博士後期課程に進学して身につく力についてまとめてみます。以下に挙げるのは、実際に私が経験したことや周囲の大学院生が成果を上げたことを基に作成した具体例であり、必ずしも全ての人にあてはまるとは限りません。

また、人によってはあてはまらないこともあるかもしれません。しかし、少しでも興味のある分野の学問を研究していく際には、これらを参照しながら自分の方向性を定めるための指針として活用して頂ければ幸いです。なお、このテーマについての私の理解は博士前期課程の卒業研究をきっかけとしたものが主であり、より体系的な理解を深めたい方は、今後紹介する本について読むことを強くお勧めします。

また、本稿は学際的思考力、技術力を身につける方法については触れていません。その点、あらかじめご了解願います。

技術職として生きていくためには、前述の「理学・工学分野での専門知識」と併せて、「技術力」を身につけることが必要です。

タイトルとURLをコピーしました