理系技術職の転職で意識すべきは「社会に価値を生む人材」

スポンサーリンク

おすすめ情報

理系技術職の転職で意識すべきは「社会に価値を生む人材」

理系技術職が社会に価値を生む人材に成長するために

理系技術職が社会に価値を生む人材に成長するためには、どのような経験を積んでいくことが大切なのでしょうか。今回は、私が博士前期課程に在籍していた経験をもとに、技術職が博士後期課程に進学して身につく力についてまとめてみます。以下に挙げるのは、実際に私が経験したことや周囲の大学院生が成果を上げたことを基に作成した具体例であり、必ずしも全ての人にあてはまるとは限りません。

また、人によってはあてはまらないこともあるかもしれません。しかし、少しでも興味のある分野の学問を研究していく際には、これらを参照しながら自分の方向性を定めるための指針として活用して頂ければ幸いです。なお、このテーマについての私の理解は博士前期課程の卒業研究をきっかけとしたものが主であり、より体系的な理解を深めたい方は、今後紹介する本について読むことを強くお勧めします。

また、本稿は学際的思考力、技術力を身につける方法については触れていません。その点、あらかじめご了解願います。

技術職として生きていくためには、前述の「理学・工学分野での専門知識」と併せて、「技術力」を身につけることが必要です。

タイトルとURLをコピーしました