理系技術者が進むべき方向に迷ったら転職もあり?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者が進むべき方向に迷ったら転職もあり?

理系技術者が仕事で進むべき方向に迷ったら立ち止まるというメリット

理系技術者が仕事で進むべき方向に迷ったら立ち止まるというメリットは、数学との接点を失わないためです。数学が役に立たないのではなく、数学が役に立たない、使いにくいということを考える時に数学を用いるのです。数学の本質的な役割は、論理的な思考を支える道具です。

そして、人はもともと、論理的に考える素質を持っています。しかし、現実の世界は理論通りには行きません。時には、論理的な思考と実際の行動との間に矛盾が生じる場合もあります。その際、哲学や論理学など、他の分野の理論を参考にして、矛盾の除去、矛盾の再現に取り組みます。そこでは、論理とは何か?を考えるプロセスが直接的に求められます。

このように、数学は、特定の分野に特有の問題を解決するために用いる道具であり、その使用は、論理的思考の練習を積むための道具でもあるのです。私が担当している線形代数学では、このことが十分に活かされ、様々な分野で実際に役立つ数学を教育しています。

そのため、皆さんに数学を学ぶ楽しさを伝えることが可能であると考えています。

理系技術者が仕事で進むべき方向に迷ったら立ち止まるときのポイント

理系技術者が仕事で進むべき方向に迷ったら立ち止まるときのポイントは、将来の設計図の青写真を描くことです。なぜなら、未来の自分を描いていないと行動計画を他人に作らせてはいけないからです。ところが、この未来設計図を描く…はなかなか難儀で、多くの人が見送り(あるいは真っ白で見極められず)、かついつまでも悩み続けている事実があります。

このような問題をクリアするために、これまでの経験と照らし合わせ、仮説を立ててみようというのが、本連載の出発点になります。 第2回目の今回は、仮説の設定とその検証方法です。

筆者の経験に基づいた、まずは一つのサンプルを解説します。 みなさんは、技術の習得で悩んだことはありますか? 研究開発に携わる技術者としては、よくある疑問ではあるのですが、自分の設計した構造物が形になり、出来映えを確認すると、残念な気持ちになったり不安に思ったりするのが当然です。そこで、研究している構造物がなぜこうなっているのか理論的なメカニズムの検証…に走ろうとするのですが、これが、そもそも正しいかどうかさえ分からなくなってしまうのです。では、次にどうすればいいのか。

タイトルとURLをコピーしました