理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨てるメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨てるメリット

理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨ててみる場合のポイント

理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨ててみる場合のポイントは、例えば今の仕事がある程度成長して形になっていたりするのであれば、異動しなくても技術でどうにか解決できる場合が意外にあるということです。例えば客先に行って要件定義をして納期に間に合わせる、とかであれば技術でやっていけるという場合があり、もしかしたらこの方はその業務経験が長かったりするのでは? と思い、試しに転職アドバイザーとか転職エージェントに送ってしまってはいかがでしょうか。企業の新人教育をどうする? 転職における面接では、会社の経営層とより密接に絡んだ話をしないといけないことが多いからです。

その企業で働き続ける場合、外の世界を知らず(社内でのみの評価が基準となるため)にキャリアアップするか、あるいは今の職場での自分のあり方を見るか、いずれにしても厳しい道を歩むことになります。 転職市場の現実とあなたの人生について考えてみてください。

あなたが考える(転職したほうがいい理由を含む)リスクとベネフィットとを合わせて、まずはあなただけの答えを探ってみましょう。

理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨ててみる場合に、転職エージェントに相談しながら実際に転職するかどうか検討した方が良い理由

理系技術者が転職する前に異動して自分がいないと仕事が回らないという思い込みを強制的に捨ててみる場合に、転職エージェントに相談しながら実際に転職するかどうか検討した方が良い理由は、まず自分自身に対する客観的な評価を聞いてもらい自分がどうして転職したいかを確認してもらうためと、営業エンジニアの立場で転職した場合、年収が割りと下がってしまったり、今まで得ていた技術が他の技術に流用されてしまうため、自分が先になんの仕事を担当して技術を提供したいかの方向性が分かると、転職活動がスムーズにいくことがあるためです。 また、転職活動中に転職先の経営者やエンジニアと話す機会がある会社も多いので、そのときは自分の思っていることや、どんな技術分野で仕事がしたいかを素直に話すと良いと思います。 私は、技術系の転職エージェントから紹介された会社でしばらく働いてみた後に転職をしました。

私の会社が将来どのような技術分野に進みたいかなどの相談をしてくれたことと、私自身が技術系志向だったからだと思いますが、結果的にはこの転職が成功したと思っています。

タイトルとURLをコピーしました