理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみるメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみるメリット

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみるメリット

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみるメリットは、専門用語が分かっていれば技術職への転職は比較的容易なことです。日本語のみのやり取りで海外の企業と直接取引を行っている企業はたくさんあります。英語を使う機会がない企業でも、英語を使用できるとアピールすることができれば、外資系への転職は十分可能です。

また、日本企業と外資系の企業の橋渡しをする役割も期待されています。英語が使えれば、企業側からの信頼を損なうこともありません。

企業側が英語ができる人材を欲しがれば、英語を学ぶ必要が出てきます。ただし、海外企業と直接取引を行う場合、英語が話せるだけでは仕事は任せてもらえません。日本企業における英語力はそれほど必要ないので、入社する前から英語で仕事ができることをアピールしておくべきでしょう。

英語が使えないことも、外資系では不利には働きません。英語のプレゼンテーション能力が必須なのは外資系では普通なので、自分の強みとして活かせるようにしましょう。外資系で働くには、TOEICで高得点を取得する必要があるので、TOEICの勉強をしながら英語を勉強するのも効果的です。

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみる場合のポイント

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみる場合のポイントは、単語や表現を覚えることも必要ですが、それ以上に自分の持つ技術力と専門知識の外資系企業における仕事への理解度です。これらの違いは翻訳の精度にも大きな影響を与え、英語でのコミュニケーション能力はあるにこしたことはありません。しかし、技術が理解できなくとも、技術について英語でプレゼンテーションができるようになればその点も強くなるでしょう。

特に技術分野は世界各国で行われていることから、技術的な英語表現は幅広くかつ国際的です。実務においては、技術部門の上司・同僚が国際的な英語でのコミュニケーションのトレーニングを行ってくれます。

また、外資系転職においての面接は、海外にいる相手に対して、日本の面接場で練習するようなものはなく、実戦さながらのものです。そのうえで、自分自身が技術者として採用されてきたいう認識と、仕事を行っていくうえで必要な語学力を習得していきたいという強い意思が求められることでしょう。

これらの点に留意しながら転職にチャレンジしてみましょう。

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみる場合に、転職エージェントに相談しながら進めた方が良い理由

理系技術者が英語が堪能でなくても外資系への転職に挑戦してみる場合に、転職エージェントに相談しながら進めた方が良い理由は、実は以下の2つです。まず1つ目が、外資系企業であれば、日本人は貴重だということです。英語はもちろん必要ですが、それ以上にコミュニケーションの軸となり得る日本人としての人材価値があるということです。

その証拠に、外資系のグローバル企業は、英語をほぼ使いこなせる能力を持ち、且つ日本人にあったビジネスで結果を出せる人材を求めています。たとえ英語が話せてもコミュニケーションはできなければモノにならないので、求職者のポテンシャルを内面もしっかり見極める企業が増えているのです。

つまり、あなたが英語力以外でのポテンシャルをアピールできれば、外資系企業との面接では良い結果を出すことができる可能性があるということです。最後に、2つ目は、英語以外のビジネススキルは、外資系企業ではニーズがないということです。

外資系企業にはバイリンガル・インターンがいくらでもいます。英語力のある英語堪能なあなたでも、日本語でのビジネススキルがビジネスのグローバル化の中でどう必要なのか。

タイトルとURLをコピーしました