理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておくメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておくメリット

理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておくメリット

理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておくメリットは、転職がしやすいという点にもあります。つまり、年収は上がるけれど、同じようなレベルの技術者は既に採用競争に乗り遅れている可能性があります。求人の平均は上がるのに加え、給料も大幅にアップしている可能性があるという訳です。

給与水準が上がれば、当然ながら生活環境も良くなり、モチベーションも上がります。景気が好転すれば、結果的に転職がさらにしやすくなるということにもつながります。

さらに、過去の業績を重視せずに、今現在その職場でどのくらいのポジションにあるか?という点を重要視する企業が多くなってきています。これは、転職先がどんどん増えれば人材も沢山必要とされる事になるので、会社の業績が上がれば給与もそれに伴ってアップする傾向があるからです。

まだ景気動向の波を迎えていない多くの業界の求人数は、近年やや減少傾向にあります。一方で景気動向の影響を受けやすい、航空・宇宙、機械・装置、情報・通信、電気・電子などの技術者は、求人数が逆に増えています。

理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておく場合のポイント

理系技術者が転職を検討する際に景気動向をチェックしておく場合のポイントは、企業が求人を出していないかということと、いつ求人を出しているかということの二つです。前者は、景気が良くなり求人が増える可能性があるということです。後者は、企業が繁忙期と閑散期があるからです。繁忙期には多くの人が転職を視野に入れて、求人を出します。逆に閑散期である冬や春は、転職を志す人の数も減り、求人数も減る傾向にあります。つまり企業の求人数は、景気動向を敏感に反映しているのです。

一方で、転職を考えている技術者が転職活動を行っている時期は、夏のボーナス時期、冬のボーナス時期、年末、年度末など企業の繁忙期です。景気が悪化すれば企業は好景気に倣って求人を出さなくなるため、時期がズレることで求人数も少なくなります。よって、景気動向をチェックする場合は、企業が求人を出した時期を把握しておくことが大事です。

企業が求人を出した時期をチェックする目処は、前年度の技術者が退職した後です。

理系技術者が景気動向をみながら転職を検討する場合に、転職エージェントへの登録を早目に行った方が良い理由

理系技術者が景気動向をみながら転職を検討する場合に、転職エージェントへの登録を早目に行った方が良い理由は、自社に求人を依頼する状況において、受け皿となる経験不問の求人を揃えておくことの重要性を知るためです。エンジニアは引く手数多ですが、求める人材がすぐに採用されることは非常に稀です。自社に興味を持ってくれる人材のニーズに対し、自社にマッチした人材のレパートリーが少ない場合、受け皿となる求人が枯渇して、いつまでもニーズを満たせないという状況が続くことになります。

自社の採用力を高めるためにも、転職エージェントへの登録を早目に検討しましょう。案件の豊富さ、そして選考の進め方については、転職エージェントごとに異なる部分があります。

自分の希望する求人を得意分野とする担当者に任せる、エージェント毎に得意分野が異なる場合などは、自分に合ったエージェントを選び、自分に合う担当者と一緒に今後のキャリア設計を組み立てていくことが好ましいといえます。また、転職エージェントの利用には様々なコストもかかります。

自分一人で転職活動を行う場合と比較して、費用面は様々です。

タイトルとURLをコピーしました