理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼むメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼むメリット

理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼むメリット

理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼むメリットは、以下の通りです。転職活動のサポート経験者の視点だからこそ、アドバイスできる内容に、妻もかなり安心したようです。また、転職活動で妻が心配すること第5位に「面接官である妻が上司の嫌みで転職させられないか。

」という項目があるので、妻にとって、転職先の組織の方針や雰囲気が分かると、妻の心の負担が軽減されそうです。さらに、面接当日も、妻の同伴を妻に依頼したところ、妻は大満足。

これまで、嫁ブロックで、転職のチャンスを逃した方の、嫁ブロックへの対策の手助けとなりました。 以上が私の嫁の転職対策でした。嫁の転職は、男性だけでなく妻も不安要因です。私が知る限りでは、転職先の仕事に妻に慣れるためのサポートをして下さる企業はまだほとんどなく、転職後の職場環境について妻によるサポートができないという企業は、妻が転職すると、嫁ブロックが発生することが考えられます。

理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼む場合のポイント

理系技術者が転職の際の嫁ブロックを回避するために、面接の練習で妻に面接官役を頼む場合のポイントは、志望動機もそうですし、採用担当者もそうですが、嫁にも事前に確認しておくことが必要です。嫁に確認しておくべきことは、第一に、会社名は正確に伝えておく必要があります。次に、どんな職場に嫁さんが働いているか聞かれた場合は、「技術職で、家庭や子育てよりも自分の仕事を優先させてもらいたい職種です」とか、回答しておかないと、面接をしてくれた方が「あ、この人は、自分の仕事をする時間より家庭を優先するタイプだな」と思われる可能性がありますから、事前に十分確認する必要があります。

また、嫁は、自分の仕事内容に興味を持っているかどうかというのも、確認しておく必要があると思います。こういったことで嫁が困ることがないよう、事前に良く考えて、決めておくことが望ましいと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました