理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまった場合はどうするかを事前に考えておくメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまった場合はどうするかを事前に考えておくメリット

理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまったらどうするかを事前に考えておく場合のポイント

理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまったらどうするかを事前に考えておく場合のポイントは、年収についてはよく試算して決めておくことです。元々の給料が低ければ、転職の際に年収が下がってしまうのは当然ですし、逆に年収が上がることも考えられます。その際、年収が上がる条件と下がってしまう条件をよく見極めることが重要です。

まずは、将来の月収がベースアップ(年収額が増加する)出来るかどうかを確認しましょう。ベースアップの可能性がある場合と、ない場合では年収が高い方が有利です。

給料が上がれば、余暇に使ったり、資格取得、海外旅行に資金を費やしたりできるからです。他にも将来の年収の伸び率を考えたり、会社の将来性を知っておくのも良い方法でしょう。

残業がなければ十分な収入が入る可能性が高いでしょう。逆に、残業が多い会社でも、しっかり転職対策をすれば年収アップは可能なので、今後の動向にも注目して下さい。次に考えなければいけないのは、新卒の就職と違い、転職は即戦力が必須です。

経験の有無やスキルなどを伝えられるように、自己研鑽に励んで下さい。

理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまったらどうするかを事前に考えておく場合、対応方法について転職エージェントと事前に相談しておくのが良い理由

理系技術者が転職の際、現職より給料が下がってしまったらどうするかを事前に考えておく場合、対応方法について転職エージェントと事前に相談しておくのが良い理由は、転職先企業がどのような給与体系のところなのか、事前に把握しておく事で、転職先の企業で給料が上がりづらい可能性があるか、給料が下がりやすい要素があるのかを事前に把握し、入社後のギャップを事前に防ぐ事ができます。また、同じ業種であっても企業によって給料体系は違う場合がが多くありますし、キャリアプランも人それぞれ異なりますので、転職先で手取り金額が変わることは大いにありえます。そういった場合、転職エージェントであれば、給料体系、手取り金額交渉だけでなく、評価・入社後の給料制度、キャリアプランの話し合いも行えますので、企業の給料体系が事前に分からない場合でも、事前に交渉の相談を行っておく事で、いざ入社した際にギャップが生じるリスクを事前に防ぐ事ができます。

また、業種を変えて転職を行う場合、当然ですが資格・スキルが必要になります。

タイトルとURLをコピーしました