理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合の注意点

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合の注意点

理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合の注意点

理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合の注意点は、理系技術者が経験した転職のノウハウが生かせるかどうか、成功事例はあるかどうか、ということです。また、前職の仕事を後輩や部下に分かち合うことができるか、ということも大切です。同じ会社で働いている先輩や同僚として、企業側にも好印象を与えることができなければ、再び転職するチャンスが与えられることはありません。

そのため、前職で得た人脈や営業力などをいかして、技術者がキャリアアップできるような職場を見つけることが重要です。さらに、会社の業績をあげるために、積極的に提案していくことが大切です。

企業に貢献していくことができれば、転職することはそれほど難しいことではありません。ただし、会社の業績のために自分の主張を押し通したり、コミュニケーションを上手く取れないと、前職と同程度のハードな職場に移らなければならない可能性もあります。

働きやすい職場でスキルを磨いていき、ほかの企業からも声がかかるような働き方をすれば、再び転職を成功させることができます。また、いくら異業種への転職を成功させたとしても、前職の仕事を大切にすることができなければ意味がありません。

理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合のポイント

理系技術者が何度も転職を経験した後に再び転職する場合のポイントは、次の2点につきます。まず、多くの企業で転職回数は履歴書には書きませんが、公開情報ですでにバレているため、3回程度の転職の場合は少しハードルが高いことは覚えておきましょう。それをふまえて、文系技術者の場合は、業務スキルを磨くとか新しい環境で経験を積むと、プラスの方向に転換したほうがいいでしょう。

そしてもうひとつは、高いモチベーションを維持できることです。転職回数が多いと、次第にモチベーションが低下したり、周りの見る目も厳しくなっていったりするため、成功を期すには、転職回数が多いほどハードルが高くなることを覚悟しなければなりません。技術者の場合、現場によって得意不得意があります。

得意分野を活かす仕事を探すとか、スキルアップに重点を置くなど、方向転換することが必要になってきます。たとえそれが困難なことであったとしても、しっかり取り組むことで次の転職が成功につながるでしょう。これは、技術者本人のためにも、会社のためにもなります。

タイトルとURLをコピーしました