企業の研究者として働くとき、企業について知る必要がある

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

企業の研究者として働くとき、企業について知る必要がある

企業の研究者として働くとき、企業について知る必要がある理由

企業の研究者として働くとき、企業について知る必要がある理由は、あなたが担当している製品についてです。その企業は、何に秀でているのか、どういった特色があるのか、などの情報を前もって知っておくことで、あなたが担当する研究テーマが企業についてよく知らないまま選ぶよりも、比較検討がしやすくなります。今あなたが論文や研究計画書の書き方の本をたくさん読んでいるように、その企業についても、過去にどのような研究成果を上げてきたのか、という基本的な情報については論文や研究計画書で説明されていることが多いです。

例えば、○○企業は、環境保全に力を入れている、○○大学は、世界中から生徒が集まっている、などの記述が特に、企業研究での重要な情報と言えます。さらに、企業の規模、企業名、製品名が書いてあると、あなたが担当している研究テーマの周辺の情報を確認できることが多いです。

特に、企業の規模や製品名は、その企業を知った上で論文を書く場合、重要な情報となります。まず、その企業についての文章を少なくとも一つ書きましょう。

企業の研究者として働くとき、企業について知るポイント

企業の研究者として働くとき、企業について知るポイントは、研究対象とする商品・サービス分野と親和性が高いか、ということと、その企業が保有するユニークな技術や研究開発力が、対象市場において有効に活用されているか、ということです。これらを踏まえて、どのような資料を取得するかを判断し、クライアントに提供します。例えば、ある製薬企業について調べる場合、具体的な使用方法等を知りたいならば、製薬企業主催の会合での発表内容、論文、特許情報、アンケート調査結果などを参照します。

企業の研究者として働く場合、実際に情報源を持ちながら仕事をするというケースは稀です。そのほうが効率的ですから、多くの場合は一次情報源の企業から入手した資料をベースに調査・分析を進めます。

例えば、ある企業がある大手スーパー企業と食品分野の共同研究開発を行っている場合、製造の過程と販売の経路を比較検討するなどの判断から、クライアントに提供します。

タイトルとURLをコピーしました