理系技術者が転職する場合にキャリアプランを描ききれず失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合にキャリアプランを描ききれず失敗する場合

理系技術者が転職する場合にキャリアプランを描ききれず失敗する理由

理系技術者が転職する場合にキャリアプランを描ききれず失敗する理由は、本当にやりたい仕事を見つけられなかったことが原因だと思います。自分がやりたい仕事じゃないから、成功しそうにないと思うから、見送る結果となるのです。目に見える成果に繋がるような技術の獲得や、顧客と直接やり取りをするポジションは、理系の方が強いように見受けられます。

でも、それらは今世の中にニーズがあり、将来性が認められさえすれば、企業は必要な人材と捉え、確保しようとするはずです。その証拠に、理系出身の人達が採用されやすい実績は、今も昔も変わりません。

そもそも理系の仕事で待遇は、低くても給料は良いです。加えて技術革新による自分の成長や、職場での色々な人間関係も、理系の方が楽しいと感じている人は多いのではないでしょうか。つまり理系で成功した人は、自分自身に夢や目的を持っていた人だと、私は考えています。

その夢を叶えるために選んだ仕事が、キャリアプランを立てる仕事だったのです。もちろん、その夢は、叶えられなければ意味がありません。

失敗しないキャリアプランを立てるには、理系のキャリアプランは参考になるはずです。

理系技術者が転職する場合のキャリアプラン検討のポイント

理系技術者が転職する場合のキャリアプラン検討のポイントは、先ず、理系分野の戦略や技術に精通した転職支援コンサルタントの助けを借りて、自分が転職すれば何をしたいのかを具体的にしていく事です。転職後は何処の会社で何をするという具体的なイメージを固めていきます。時には転職するよりも前の学生時代から専門分野について勉強していくという人もいます。

いずれの場合も、転職で技術的に困難と思われる事項は何なのか、どの様な課題や問題を解決すればそれが実現できるか、研究分野の専門分野やメーカーでの職務経歴書・面接で見せることのできる過去の経験や業績が応募企業の採用ニーズに合致するのか、自己申告で聞きにくい要素は無いか等、転職する側の視点で、冷静に検討していきます。自分では気付かなかった問題点が有る場合も多く、そうした場合は客観的なアドバイスを転職支援コンサルタントから受ける事ができます。

会社の規模や業界の規模、職種別に見た適性範囲、業界の中での自分に与えられた役割、専門や得意とする技術分野の職種や職務内容について、理系技術者が転職する場合のキャリアプラン検討の仕方を紹介しておきます。

理系技術者が転職を通じたキャリアプランを検討する場合は転職エージェントのアドバイスを聞いたほうが良い理由

理系技術者が転職を通じたキャリアプランを検討する場合は転職エージェントのアドバイスを聞いたほうが良い理由は、主に以下が挙げられます。 1社ではなく複数の転職エージェントに登録する理由 転職相談のたびに担当者が変わる転職エージェントの場合は、1人の転職エージェントの力に頼るだけではなく、複数社の転職エージェントのサービスを合わせて利用するほうが、広い視点から転職をサポートしてもらえます。また、転職相談の時間を用意してくれる転職エージェントは数多くありますが、転職を希望する技術職の人にとって最も重要なのは、キャリアプランの切り口や質問の順番を相手に決めてもらうことです。

キャリアアドバイザーの業界知識が必要なのは言う間でもなくですが、業界のプロでなくとも、実際に技術職で働く側に立って相談のやり取りを進めていける転職エージェントを選ぶことも大切です。例えば、マイナビエージェントとDODAはどちらも20代と30代の利用者数が多いのですが、前者のキャリアアドバイザーは転職相談の段階で登録者の職歴や技術力などを細かくヒアリングし、今後のキャリアプランの参考にできる情報を吸い上げてくれるので、転職後に仕事と私生活を充実させながら、さらにキャリアを積み重ねていくことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました