理系技術者が転職する場合に退社時期の交渉で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に退社時期の交渉で失敗する場合

理系技術者が転職する場合の退社時期の交渉のポイント

理系技術者が転職する場合の退社時期の交渉のポイントは、実際に退社する前日に改めて説明し、理解を得ることと、退職したい時の明確な理由を持ち合わせる必要があります。転職後に「入社前の条件と違った」と思った時に、素直に不満を訴えては、転職の目的を達成できないこともあります。転職をする際の交渉の持ち方や事前の準備をすることで、円満に退職することができます。

円満退社をするには、退社する前日に、説明をし、理解を得ることが重要になります。そして、退社したい時の明確な理由を持ち合わせることが大切です。

いざ退社したい時に、会社によっては後任の人が決まってからとのルールがあるため、辞めると決めたらすぐにでも辞められる準備をしておくことがポイントとなります。それでは、円満退社するための退職の交渉について見ていきましょう。退職の交渉方法のポイントとしては、以下の2点が挙げられます。

理系技術者が転職する場合の退社時期は転職エージェントと相談して調整した方がスムーズに退社できる理由

理系技術者が転職する場合の退社時期は転職エージェントと相談して調整した方がスムーズに退社できる理由は、キャリアコンサルタントは「転職活動に専念する」ということを前提にしているためです。キャリアアドバイザーに転職相談を持ちかけた時点で、転職活動の意思があるという事をエージェントに伝えていると考えてください。 そのため、自分の意思では辞めることを決めていないからと言って、だらだらと在籍を続けていると迷惑を掛けてしまうので、スムーズにエージェントの言うとおりに退社に向けた準備を始めた方がスムーズです。

転職エージェントに相談することで、転職エージェントから意思を確認されることも考えられます。 また、転職エージェントの離職理由も基本的にキャリアプランを立てている方が多いので、早期退職を前提に就活をしているのであれば、エージェントは快くサポートしてくれるのではないでしょうか。

もし早期退職する予定がないのであれば、転職エージェントとキャリアプランについて相談することをおすすめします。早期退職をするかしないかは転職の意思があるからではなく、キャリアプランを重視して決めるべきだからです。

早期退職する気がないのであれば、転職エージェントを辞退して良い? 退職の意思が固まったら、さっさと次の職場を探し始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました