理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合

理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合のポイント

理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合のポイントは、技術者が仕事で感じる「次のステップ」に技術職として転職する場合と、技術者として経営側へ転職する場合があります。そのような方の転職活動には、技術者が会社・技術者・業界・企業の3つを比較できる特徴が重要となります。キャリア採用の場合であっても、技術者が転職する場合には、技術者ならではのメリットに着目して転職先を選択しましょう。

一般採用の技術者が転職の際に注意すべきポイントや技術を活かせるポイントを整理しました。比較した箇所をしっかりと検討して、ベストなキャリア転身を実現しましょう。

また、企業と技術者のスキル面のミスマッチを防ぐには、面接時のアプローチ方法に注目することがポイントです。面接時に質問すべき内容のポイントと、効果的なアピール方法を解説していますので、面接前に参考にしてください。

転職エージェントを活用する場合は、自分の強みを活かせる企業や技術者を細かくヒアリングして紹介してもらうのがオススメ。ミスマッチを防ぎ、スムーズに転職活動ができます。

理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合は転職エージェントに相談してから転職活動を進めた方が良い理由

理系技術者が「会社の都合」という理由で転職する場合は転職エージェントに相談してから転職活動を進めた方が良い理由は、転職エージェントによっては「エンジニアの転職実績が少ない」場合があるためです。 紹介できる求人の質が良いから企業の力になれると考える人もいるでしょう。 たしかに多くはないが、自分の技術を活かせそうな会社もあるし、むしろ自分の可能性を広げたいというエンジニアのサポートに積極的になってくれる。

もう、この文言見るだけでエージェントの姿勢がわかりますね。 これは技術力の高い人は、多くの企業が「AIや機械学習に関するプロジェクト管理能力を持っている人材を探している」ために転職エージェントに登録することをおすすめします。 ビズリーチには人材紹介事業の他にエンジニアやクリエイターのキャリア支援事業にもリソースを割いており、例えばIT企業の技術者が自分のスキルやキャリア・経験を活かした転職を支援することが可能です。

また、ワークポート は特定のプログラミング言語に強いといった特化型の転職エージェントとして有名です。 マイナビエージェントがはじめてITエンジニアを対象にした転職サービスを開始したのは、マイナビ創業者の私野辺氏が2015年。

タイトルとURLをコピーしました