理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけない

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけない

理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけない理由

理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけない理由は、この求人サイトのスカウトサービスを使うべきです。IT業界といっても沢山あり、その中には未経験からでもエンジニアになれる転職情報サイトもあります。その中でエンジニアなら一番多いのが、「マイナビ」と言う転職サイトです。

営業職が転職を行う場合は、リクナビNEXTと言う転職サイトがおすすめです。リクナビNEXTは合同企業セミナーなどを展開して、未経験の就職をサポートしています。

もちろん、スキルがあればどんどん転職できるシステムを取っています。未経験からSEになりたくて、年齢などを気にしているならこの転職サイトが選択肢の候補になります。

実績もあるので、未経験からエンジニアになりたい人は1度は行っておくと心強いです。そのほかに、リクルートエージェントと言う転職サイトもあります。

こちらでは、スカウトサービスも無料で使えるので、無料で転職活動が行えます。ただし、営業職になると使える機能が2つあるのですが、1つは大企業などから来た求人のみに応募できることです。2つ目は一方的なスカウトメールも届きますので、自分がやりたいかどうかをしっかり考えてから決めましょう。

理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけないという考え方のポイント

理系技術者の転職ではハローワークを頼ってはいけないという考え方のポイントは、多くの専門求人がある中で、求人の数がもっとも豊富なのは、特定の分野の専門求人なのです。例えば半導体等の技術者、製薬や薬品等の技術者で、これらの専門の求人はハローワークでも探すことができるのです。それに比べ化学メーカーの化学プラント管理や、化学工場での金属部品加工等の技術者の求人は、ハローワークでも探すことはできず、ハローワーク単独では技術者に適した求人を見つけることは不可能です。

その結果、ハローワークには希望する仕事の紹介をすることは出来ないことが、現実なのです。技術者の転職の際にハローワークが支援できない最も大きな理由は、求人件数がもっとも多いからです。

言い換えれば、希望分野の求人はハローワークでは紹介できないので、転職の際には専門性の高い転職エージェント等の支援が必要となるのです。専門性の高いスキルを持った転職希望者は、自分のスキルや可能性などを客観的に評価できる転職エージェントには転職支援を依頼するべきです。

これは、転職エージェントから転職先の紹介を受ける場合でも同じことが言えます。

タイトルとURLをコピーしました