理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事な理由

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事な理由は、技術者がエンジニアとして伸びるだけでなく、ワークライフバランスを取りやすい会社に転職することで、自分がもっと長く働きやすい環境を手に入れることができるからです。しかし、ワークライフバランスをとりやすい会社となるとかなり限られてしまいます。求人サイトなどを見ると魅力的な会社の給料が高くてブラックの会社も多いのが実情です。

そんな中からどうやってワークライフバランスをとりやすい会社を見つけることができるでしょうか。技術者の転職で伸びるマーケットとしては具体的に何があるでしょうか。

産業分野としては、鉄鋼、金属加工業、化学工業などが特にその伸び率が高いことが知られています。この業界はエンジニア不足の状態なので、転職すれば年収アップは期待できますが、働き方のハードさ、ワークライフバランスを考えた時、転職先としておすすめできる会社は実はそう多くありません。

エンジニアの転職で伸びているマーケットとしてはIT業界と医療業界があります。それぞれの業界で伸びている職種は異なるので、求人サイトなどから簡単に転職先を見つけることができない場合もあります。

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事なという考え方のポイント

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事なという考え方のポイントは、ここ4年ほど、エンジニアのキャリアについて、エンジニアの質、 待遇が急激に低下していることが理由だと思います。特に今は、エンジニアとして就職したい会社を選ぶという段階からエンジニアの待遇やキャリア観を見定めないと、エンジニアになることができなくなっていると思います。つまり、エンジニアは自分の意志さえしっかりしていれば、どうにかなるかもしれないという甘い時代ではなくなってきていると認識していただきたいです。

現在、エンジニアはどのような会社で働きたいかというところから入っても、その会社でやっていけるだけのスキルがないと採用してもらえない時代になってきているので、そこを勘違いして第二新卒や入社4年目以降の人が「会社に入れば何とかなる」と甘い気持ちで臨むと、いくら募集要項を転職者に見せる会社で募集したところで、面接で煙たがられるわけです。

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事なという考え方のメリット

理系技術者の転職では伸びるマーケットから働きやすい会社を見つけることが大事なという考え方のメリットは、やはり自分が好きな分野で勉強ができ、やりがいのある仕事を追求できるということです。特に理系の理系職は女性の採用も積極的に行なっており、総合職も多いです。ワークライフバランスの重要性が言われる現在ですが、理系技術者としてもっと自分が目標とする職業を追求していく方が女性が働きやすい職場を見つけやすくなります。

そして、総合職は必ずしも理系というわけではなく、総合職の場合だと技術職や営業、企画など多様な職種の中から仕事を決める事になります。女性だからと事務職になりたいと求人を出しているわけではありません。

職種や業種の種類が幅広いため、キャリアプランが作りやすいというメリットもあります。理系技術者の仕事は企業の存続に大きく関わる事なので、将来性もあり仕事に対してやりがいを感じやすいと言えます。

やりがいがある仕事をするために、女性のキャリアプランを考慮した上で職場の条件を考えていけると理想的です。転職の際に求人票を見て女性が働きやすい会社を選ぶ事は非常に大事です。

タイトルとURLをコピーしました