Ruby

Ruby

Ruby hash ハッシュの基本と応用 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 ハッシュは、複数の値を管理する入れ物のようなものです。データをキーとバリューで管理します。参照や編集・追加・削除などを行うことができます。繰り返し処理で発生したデータをキー(名前やIDなど)で1つず...
Ruby

Ruby 配列 基本と応用 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 配列は、複数の値を管理する入れ物のようなものです。データを順番に管理します。参照や編集・追加・削除などを行うことができます。繰り返し処理で発生したデータを順番に1つずつ保存したり、必要になったときに...
Ruby

Ruby ファイル処理 読込み・書込み スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 ファイル操作ができるようになると、処理の幅が広がります。データの整形や集計などを簡単に済ませることができるようになります。基本は、「ファイルを開いて、1行ずつ処理をする。最後に閉じる」です。sedや...
Ruby

Ruby while ずっと繰り返す スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 while文は、条件を満たす間ずっとコードブロックを繰り返す場合に使います。例えば、「ファイルの末尾までチェックする」とか、「ある条件を満たすまで」というような回数不定の条件などで用いると便利です。...
Ruby

Ruby case 複数の条件分岐 スクリプトの書き方

ruby の case文は、「複数の条件」と「それに対応した処理」をまとめて記述します。ruby の if文より、シンプルに記述できて、プログラムの見通しも良くなります。ruby の case文で複数の条件を既述する「書き方」と「判断」をサ...
Ruby

Ruby for 繰り返し スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 for文を使うと、コードブロックを指定回数だけ実行することができます。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus...
Ruby

ruby if 単純な条件分岐

バイオインフォ道場、くまぞうです。 プログラミングのフロー制御で最も単純なのが「if文」です。条件に「一致したかどうか」という判断に基づいて、実行する処理を変更するときに使います。 if文による条件判断 if文の書き方 if...
Ruby

ruby 関数 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 今回は、プログラムの基本構成となる「関数」を作ってみます。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}...
Ruby

ruby Hello World! スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 今回は、プログラムの基本「Hello World!」です。rubyでプログラムを書きます。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogl...
Ruby

Ruby ファイル処理 FASTA,FASTQ抽出 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 次世代シーケンサで用いるFASTAファイルやFASTQファイルは大きなサイズのファイルです。「head」を使えば簡単に見ることもできますが、ちょうどキリが良い分量を表示できるかはわかりません。Rub...
タイトルとURLをコピーしました