理系の転職で同業他社への転職するとき

スポンサーリンク

理系技術者の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で同業他社への転職するとき

理系技術者が転職で同業他社への転職するとき

理系技術者が転職で同業他社への転職するときは、企業の研究開発部門や研究所で、先端技術の研究や応用開発に従事することを想像する人が多いと思います。しかし、技術の進化は早いもので、技術の移り変わりが激しいことも確か。そこで、最新の技術に触れながら、ずっと技術者として働き続けたいのなら、社内SEを目指すことも選択肢の一つです。

また、日本企業は自社で所有する設備などを有効活用しやすいため、自社の技術で役立つものを開発し、提供したいというSEには、社内SEに向いたスキルを持っています。さらに、幅広い技術力を必要とする技術コンサルタント業務にも携わることができ、さらに技術者としての幅が広がります。

社内SEは技術者の転職先としては、人気の上位職種に入ります。社内SEは、勤務先によって、あるいは企業によって待遇に差があるので、その点は少し注意が必要かもしれません。

理系技術者が転職で同業他社への転職する場合に気をつけたいこと

理系技術者が転職で同業他社への転職する場合に気をつけたいことは、技術者としてのスキルや経験を振り返ることはもちろんのこと、「なぜその技術を使ったのか」「今後どのように活かしていきたいか」という、技術の目指すところを理解してもらうことが大切です。

また、年齢を重ねてからの同業他社への転職は、雇用する側も受け入れる側も社会人としてのルールや考え方を知っているかどうかを見られますので、それ相応の覚悟も必要です。そうしたことをよく理解した上で転職を行うことも大切ですので、どのメーカーやソフトハウスへの転職を考えているのか、将来のキャリアプランについてしっかりと考えることが大切です。

転職先のメーカーやソフトハウスでのコミュニケーションをスムーズにするため、前もって製品情報などの情報収集や、想定される業務フローなどを思い描いておくと良いでしょう。面接の際には、現場をよく知っている担当者とコミュニケーションをとることも大切ですので、職場の雰囲気などの調査も兼ねて面接に臨むとよいかもしれません。

理系技術者が転職で同業他社への転職する場合に転職エージェントの利用をおすすめする理由

理系技術者が転職で同業他社への転職する場合に転職エージェントの利用をおすすめする理由は、求人応募先企業側からの信頼を得ているからです。そして、より現実的で転職に対して合理的なアドバイスやサポート、どのような人材ならマッチングしやすいかを理解をしているからです。

企業のエンジニアや技術者は、転職をする前から現職の業界についてある程度の知識があるかと思いますが、客観的に見ると、内定が出るレベルで業界に詳しくあり業界での評価やキャリアについても正しい評価を受けている場合ばかりとは言い切れません。

また、転職エージェントはその企業の内情を把握しているため、自社との相性が良い技術者、技術や社風が合いそうな技術者などについての情報提供をしてくれるためです。また、第二新卒、高卒や異業種未経験の方が転職をする場合のキャリア・経験に関するサポートも行なっているため、技術職の方は第二新卒求人やポテンシャル採用求人情報も扱っている転職エージェントの利用がおすすめです。

理系に強いエージェント【UZUZ】

転職エージェントの利用を検討しているかたは、こちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました