理系の転職で差がつくマーケティングの理解

理系技術者の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職で差がつくマーケティングの理解

理系技術者の転職でマーケティングへの理解が注目される理由

理系技術者の転職でマーケティングへの理解が注目される理由は、「マーケティングの基礎」は「理系技術者の基礎」でもあるからです。

企業のビジネスにおいて、コミュニケーションと意思決定と実行が論理的に行われれば効率的な事業運営を行うことができますが、それを行なうための意思決定の正当性や妥当性を担保する理論を研究し、それを論理的、科学的に証明していくのが科学コミュニケーションです。

理系技術者の理論・理論構築スキルが、企業のビジネスにおいて大いに必要とされる時代になるということも、理系技術者の転職市場の盛り上がりの一つの背景となっていると考えられます。

このように理系技術者の転職には、理系技術者の基礎であるマーケティングの理解が必要不可欠であり、転職が有利になるようです。研究開発職として採用され、営業や技術部門へ移動するということは、転職市場で高い価値があると判断される可能性が高くなるのも理系技術者の特徴です。

マーケティングに興味が在る方は、こちらも参考になると思います。

タイトルとURLをコピーしました