理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合

スポンサーリンク

おすすめ情報

理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合

理系技術者が「出世させてくれない」と感じる場合は転職した方が良い理由

理系技術者が「出世させてくれない」と感じる場合は転職した方が良い理由は、やはり給料に不満があることも大きいかと思います。いくら技術が優れていようと、出世できなければ給料は頭打ちです。転職は給料アップの可能性が高まるというメリットがありますが、それでも年功序列が崩壊していて、過去の実績に連動して年金額が決定されるような現在の給与体系では、高収入を得られにくいという点もデメリットとして挙げられます。特に、中堅・中小企業の場合は、新しい労働力を雇うコストが極端に安いため、よほど専門性や知識がなければ、待遇面で釣り合えない可能性が高いですし、若手・中堅の技術者は年収1000万円以上を目指すのが難しくなってきます。

技術者として一流レベルになりたい、将来的には年収1000万以上を獲得したいということであれば、すでにご紹介したような技術力・専門性に特化した転職サイトを利用して、待遇面でも技術力に特化した転職活動を行なっていくことが理想的だと思います。また、技術力・専門性の高い転職活動を行なうことで、転職活動自体に力が入るというのも、転職を成功させる上で重要なポイントになるでしょう。

理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合のポイント

理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合のポイントは、技術面だけでの転職ではないことです。技術者を転職させたいという場合は、当然、専門知識を持った技術者を配置できる企業がいいのは言うまでもないでしょう。けれども、採用する側では専門知識はある程度必要でしょう。

そこで、転職活動では、「技術面での専門知識」と「企業の人事の」二つの業界知識が必要になります。技術面で言えば、工学系の大学や高専を卒業した人や、プログラム開発ができるWeb系の開発経験者など、エンジニアとしての基礎知識はあるに越したことはありません。しかし、これらの知識は入社後の研修やOJTで獲得できる部分も多いので、基本は重視されないでしょう。

一方、企業の人事の場合は「採用する企業の業種」や「企業が求める人物像」の知識が重要です。よく混同しがちなのですが、採用側・人事に求められる人材は、業種や業態、採用のジャンルなどによって大きく異なります。

理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合は転職エージェントに相談してから判断した方が良い理由

理系技術者が「出世させてくれない」という理由で転職する場合は転職エージェントに相談してから判断した方が良い理由は、理系技術者には転職に使える年齢制限があるためです。せっかく研究施設を出てもポスドクやフリーターやヒラ社員で終わる可能性が十分にあるのです。また、大卒で研究施設を出た技術者の場合、転職回数が他の職種の技術者に比べて少なくなる傾向が分かっており、キャリアアップで転職するのなら転職に使える年齢も長くなります。

つまり、新卒の技術者が就活をする時に転職エージェントに登録しておけば、自分よりも若く、転職に使える年齢に差がある技術者でも転職できる可能性があるため、転職エージェントで相談してから転職する方が良いでしょう。しかも、研究職は勤務時間が不規則で給与が低くなる場合もありますが、転職エージェントに登録しておけば、高収入を得られる職業へ転職させやすくなります。

もちろん、研究職は残業続きなので、転職する時は転職エージェントに相談して無理のない働き方で転職出来るよう交渉すべきです。

タイトルとURLをコピーしました