理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用できる?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用できる?

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良い理由

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良い理由は、担当者が条件面やスキル面などのアドバイスをするだけでなく、転職活動を成功させるためにも重要なアドバイスを受けられると言います。何を優先してエージェントを選び、本当に自分にあう求人があるのか、を判断するために必要なことが、エージェントを選ぶ際に何を重要視するかです。転職先に求めるものは人によって違います。

スキルを上げたい人も居れば、待遇を良くしたい人や、キャリアアップをしたい人も居ます。また、勤務地も首都圏が良いのか、地方都市が良いのか、寮や社宅があるかどうかも大切です。社風や人間関係も重要ですし、社内のサポートがどのようになっているかも大切です。

どれを重視するかによって、担当のエージェントも変わるので、納得の行く企業へ転職できるかどうかの大きな判断材料になります。多くの候補企業の中から選択できるように複数のエージェントに登録し、この件について詳しく相談したい、例えばどの部分が気になるかとか、細かい部分の詰めをしたい場合には電話で相談してみる。

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良いという考え方のポイント

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良いという考え方のポイントは、主に3つあります。まず、転職することによるメリットとデメリットを理解しておきましょう。この求人を選ぶ、この企業を選ぶことに迷いが生じた時点で、転職活動に迷いが生じることを自覚します。

すると、そもそもその企業を選んでいることを辞めておきましょう。そして転職活動中は今まで勤めていた会社とのしがらみから離れますので、転職活動に迷いは生じても、思い詰めたり、退職の悩みで悩むことはなくなります。転職活動中は常に3つの方向性を持って新しい転職先を見つけましょう。

そうすれば、また迷っている時間がどんどん減っていき、自分らしく働ける企業を選ぶことができます。そして、より積極的に、より早い転職活動が効率よく行えるようになります。

最後のポイントは転職エージェントが持っている多くの非公開の求人を紹介してくれる、という点です。転職活動がなかなか思い通りに進まない方の中には、転職先を探すのが目的となっている方がいるかもしれません。

転職先の選考に合格すれば良いと考えているかもしれません。

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良いという考え方のメリット

理系技術者の転職で転職したい企業も職種もまだ決まっている場合に転職エージェントを利用した方が良いという考え方のメリットは、非公開求人が豊富で転職できる可能性が広がることです。そして、担当する転職エージェントが数多くあるためコンサルタントとの相性もあります。複数の転職エージェントに登録するのが最も効率的ですが、転職支援実績がない転職エージェントに複数登録すると担当コンサルタントとの相性が合わなく、メール返信が遅かったり連絡が来なかったりする可能性もあります。

実際、転職エージェントに登録した方の平均転職支援回数は3回程度です。複数の転職エージェントに登録して相性が良かった企業を一次で紹介してもらい、現在の企業や職種に近い企業を紹介してもらい転職活動するという使い方もありますが、転職エージェントによっては転職活動希望者に対して、同時並行で複数の企業を紹介している場合もありますので、一度に複数の企業を紹介された場合は、アドバイザーと調整して優先順位を決めて活動する方が良いです。

その場合は、良い条件を引き出しやすい企業を優先して転職活動を行うことになります。転職エージェントも企業とのリレーションも必要な職種ですので相性が合わないという場合もあり、転職活動を成功させるためには担当アドバイザーとの相性も大切です。

タイトルとURLをコピーしました