統計

Excel

R と Excel 分散 標準偏差 計算 データの散らばりについて

データ分析の基本である、分散 標準偏差について、Rとエクセルで比較してみましょう。ExcelやRを使って、自分で計算するとより理解が深まると思います。 データの散らばり 分散 標準偏差 スポンサーリンク (adsb...
Excel

R と Excel 度数分布表 ・ ヒストグラム

データ分析の基本である、ヒストグラムと度数分布表について、Rとエクセルで比較してみましょう。 度数分布表 と ヒストグラム スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...
Excel

z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編

統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値として、Z-scoreがあります。Excel(エクセル)を使って求めてみます。 関連記事 z-score 計算方法 R 編R と Excel 分散 標準偏差 計算 デー...
メインコンテンツ

バイオインフォマティクスの転職や就職に役立つ資格

バイオインフォマティクスなど理系の就職や転職 バイオインフォマティクスなど理系の就職・転職を有利に進めるなら、技術や能力をアピールできる資格を計画的に増やしていくなどのメンテナンスが良い方法の1つです。 もしあなたが企業の採用...
R言語

R 使い方 データ構造まとめ スクリプトの書き方

Rで使うデータ構造をまとめてみます。一気に眺めることで、それぞれの特徴を理解できるかもしれません。 とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談 Rのデータ構造 ベクトル ベクトルは、最も基本的な構...
Excel

相関と散布図 | 統計の活用

バイオインフォマティクスでは、条件の差による結果の差を比較したりします。それぞれの条件から得た結果を変数として比較するときに、まず確認したいのが相関です。そのとき、良く使われるのが散布図や相関係数です。 2つの変数の関係を調べる ...
R言語

z-score 計算方法 R 編

バイオインフォ道場、くまぞうです。 バイオインフォマティクスでは、統計処理をよく活用します。大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値として、Z-scoreがあります。統計ソフトRを使って求めてみます。 スポンサーリンク ...
R言語

Rで最頻値を求める 統計

最頻値とは 最頻値(mode)は、分布の中央の尺度としてよく用いられます。観測値の中で、もっともたくさん出現する値です。 rで最頻値を求める方法 データの中で、最も頻度が高い値を確認します。 r で最頻値計算用のデ...
R言語

Rで中央値を求める|統計

中央値とは 中央値(median)は、分布の中央の尺度としてよく用いられます。観測値をソートして並べたときの真ん中の値です。 Rで中央値を求める 全てのデータを小さいものから順番に並べて、真ん中にくる値です。nが奇数のと...
R言語

R 統計 平均値の求め方

バイオインフォ道場、くまぞうです。 平均値とは 平均値は、分布の中央の尺度としてよく用いられます。全てのデータからのズレが最小になる値です。 平均値の求め方 全てのデータを足しあわせ、データ数で割ります。 計算...
タイトルとURLをコピーしました