ruby コマンドライン引数 optparseの利用 スクリプトの書き方

rubyでは、コマンドライン引数(外部から渡す引数)をARGV配列にインデックス指定することで簡単に取り出せます。しかし、数が多くなると意味がわかりにくくなったり、順番を間違えたりして不便に感じることがあります。そんなときは、optparseライブラリを使うと大変便利です。

スポンサーリンク



optparse ライブラリとは

コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。シェルコマンドのオプション指定時のように、ロングオプションやショートオプションの形式で名前指定できるようになるので大変便利です。また、ヘルプコマンドが使えるので、コマンドライン引数の指定方法を忘れてしまった場合も安心です。

optparse ライブラリの使い方

基本形

optparseライブラリをrequireして、OptionParser.newのブロック内でオプション解析を行います。hashにオプションを格納しておくと、後から参照する場合も楽です。

require 'optparse'

option = {}
OptionParser.new do |opt|
  opt.on('-f val', 'input file name') {|v| option[:f] = v}

  opt.parse!(ARGV)
end

puts option[:f]

ヘルプ機能

引数の定義内容に従って、ヘルプを表示します。

$ ruby ruby_opt.rb --help
Usage: ruby_opt [options]
    -f file                          input file name

オプションの設定(ショート)

OptionParser.newブロック内に必要なオプションを定義します。引数無しのオプションはオプション名(例:-a)のみ、必須引数ありのオプションはオプション名と引数名(例:-b value)、省略可の引数ありのオプションはオプション名を[]で囲って引数名(例:-c [value])を指定します。尚、必須引数ありのオプションで引数を指定しないとエラーが発生します。

ruby_opt.rb

require 'optparse'

option = {}
OptionParser.new do |opt|
  opt.on('-a',         '引数なし') {|v| option[:a] = v}
  opt.on('-b value',   '引数あり(必須)') {|v| option[:b] = v}
  opt.on('-c [value]', '引数あり(省略可)') {|v| option[:c] = v}

  opt.parse!(ARGV)
end

puts option[:a] if option[:a]
puts option[:b] if option[:b]
puts option[:c] if option[:c]

使い方

$ ruby ruby_opt.rb -a -b BBB -c CCC
true
BBB
CCC

$ ruby ruby_opt.rb -b BBB
BBB

$ ruby ruby_opt.rb -b
エラー発生!missing argument: -b (OptionParser::MissingArgument)

オプションの設定(ショート&ロング)

ショートとロングのオプション設定は、一度に行うことができます。使い方などはショートと同じです

ruby_opt.rb

require 'optparse'

option = {}
OptionParser.new do |opt|
  opt.on('-a',         '--a_long', '引数なし') {|v| option[:a] = v}
  opt.on('-b value',   '--b_long', '引数あり(必須)') {|v| option[:b] = v}
  opt.on('-c [value]', '--c_long', '引数あり(省略可)') {|v| option[:c] = v}

  opt.parse!(ARGV)
end

puts option[:a] if option[:a]
puts option[:b] if option[:b]
puts option[:c] if option[:c]
$ ruby ruby_opt.rb -a --b_long BBB -c CCC
true
BBB
CCC
スポンサーリンク





ピックアップ記事

  1. R plot 重ねる方法3パターン サンプルでわかるRの使い方

    Rでグラフ (plot) を重ねる方法は、「単純な追加」「図に重ねて描画」「濃淡で重なり表現」の3…
  2. awk if サンプルでわかる条件文の書き方 一致・大小比較・正規表現を簡潔に書く方法

    awkのif条件文は、条件によって処理をわけたいときに使います。条件式では、0の判定・関係演算子・…
  3. R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット

    グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わ…

人気記事

  1. Excel, その他, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…
  2. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  3. R データ型 - 文字列・ベクター・データフレーム・マトリックス など-, R言語, スクリプト

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…

おすすめ記事

  1. bash 応用, シェルスクリプト

    シェル スクリプト ファイル存在チェック・空のファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  2. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…
  3. awk, bash 文字列操作, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…