共有ライブラリのエラー対処法

バイオインフォ道場、くまぞうです。

共有ライブラリのエラーが発生した場合の対応方法についてまとめます。“cannot open shared object file: No such file or directory”というエラーが表示されたら、共有ライブラリの依存関係をチェックして、再度ツールの起動を試してみましょう。

スポンサーリンク



共有ライブラリへパスを通す

個人用のライブラリパス設定

環境変数LD_LIBRARY_PATHを設定することで、共有ライブラリの検索パスに追加することができます。再起動すると設定は消えてしまうので、設定を残したい場合は、/etc/ld.so.confに管理者権限で記述します。

$ export LD_LIBRARY_PATH="target_lib_path":$LD_LIBRARY_PATH

システム全体のライブラリパス設定

システム全体のライブラリパスを設定したい場合は、/etc/ld.so.confにパスを追記します。管理者権限で実行します。

$ cat /etc/ld.so.conf
include /etc/ld.so.conf.d/*.conf
"target_lib_path"

/etc/ld.so.confを更新したら、ldconfigコマンドでキャッシュ情報を更新します。管理者権限で実行します。

# ldconfig
# ldconfig -v # 確認

共有ライブラリの依存関係表示

lddコマンドで、実際にどこのライブラリが使われているかを確認することができます。

$ ldd `which fasta_formatter(path_of_tool)`
  linux-vdso.so.1 =>  (0x00007ffff055f000)
  libgtextutils-0.7.so.0 => /usr/local/lib/libgtextutils-0.7.so.0 (...)
  libstdc++.so.6 => /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libstdc++.so.6 (...)
  ...
スポンサーリンク





ピックアップ記事

  1. R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出

    R の subset関数は、データフレームやマトリックスから条件にマッチした部分集合を取り出します…
  2. awk split サンプルでわかる列の分割とセパレータ(文字・正規表現)の指定方法

    awkのsplit関数は、セパレータを指定して文字列を分割することができます。セパレータには文字や…
  3. awk if サンプルでわかる条件文の書き方 一致・大小比較・正規表現を簡潔に書く方法

    awkのif条件文は、条件によって処理をわけたいときに使います。条件式では、0の判定・関係演算子・…

人気記事

  1. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  2. R データ型 - 文字列・ベクター・データフレーム・マトリックス など-, R言語, スクリプト

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…
  3. Excel, その他, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…

おすすめ記事

  1. bash 応用, シェルスクリプト

    シェル スクリプト ファイル存在チェック・空のファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  2. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…
  3. awk, bash 文字列操作, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…