簡単に bash の 配列 を理解する

bash の配列を理解すると、シェルスクリプトの応用の幅が広がります。

bash の配列を使うのに必要な最低限の知識を、簡潔にまとめました。

bash 配列の使い方

配列の初期化

配列は、代入で自動生成されます。「=」の前後に空白をいれてはいけません。

インデックスを指定して代入します。

$ my_array1[0]="name1"
$ my_array1[2]="addr1"
$ my_array1[1]="tel1"

先頭からいっぺんに代入します。

$ my_array2=("name2" "tel2" "addr2")

配列のインデックスは、0から始まります。

配列の参照

配列に格納した値を参照するには、配列のインデックスを指定します。

${array[index]}

先頭データを参照する場合、インデックスに0を指定します。他のデータも、同様に、参照したい位置を指定します。

$ my_array2=("name2" "tel2" "addr2")

$ echo ${my_array2[0]}
name2

配列の削除

配列の値の削除、配列全体の削除には、unsetを使います。

要素を指定した場合は、個々の要素を削除します。

$ my_array2=("name2" "tel2" "addr2")

$ unset my_array2[1]

$ echo ${my_array2[@]}
name2 addr2

インデックスを指定しない場合は、配列全体を削除します。

$ unset my_array2

$ echo ${#my_array2[@]}
0 # 配列 my_array2 要素の個数

配列の要素の個数と要素の長さ

#は、長さです。

@は、配列の「全ての要素」を参照します。

つまり、配列に格納された要素数を調べるには、${#array[@]}となります。

$ my_array2=("name2" "tel2" "addr2")

$ echo ${#array[@]}
3

#は「長さ」なので、#array[index]要素を指定すると、要素の長さになります。

# 配列 my_array2 要素1の内容
$ echo ${my_array2[0]}
name2

# 配列 my_array2 要素1の長さ
$ echo ${#my_array2[0]}
5

配列の全体参照 「@」 「*」

@*は特別なインデックスです。配列の全ての要素を参照します。

ほとんど同じ働きをします。

$ echo ${#my_array2[@]}
4
$ echo ${#my_array2[*]}
4

しかし、「@」と「*」で違いが生じる場合があります。

配列の全体参照をダブルクォーテーションで囲んだ場合、[@]では1つずつのワードで分かれますが、[*]では全てが1つで管理されます。

「@」の場合、配列の要素が個別に扱われます。

my_array=("name" "tel" "addr")

for x in "${my_array[@]}"; do echo $x; done

name
tel
addr

「*」の場合、配列の要素が1つで扱われます。

my_array=("name" "tel" "addr")

for x in "${my_array[*]}"; do echo $x; done

name tel addr

配列と繰り返し処理

配列は、繰り返し処理で用いられることが多い(for, whileなど)です。

例では、forのカウンターをインデックスとして配列に格納する処理です。

declare -i COUNT=0

for x in $(ls *)
do
    if [ -x $x ]; then
	files[$COUNT]=$x #配列に格納
    fi
    COUNT=COUNT+1
done

配列を使う場合のバージョン

配列は、bash 2.0 以降の機能です。

古いバージョンを使っている場合は、最新版の利用を検討してみて下さい。

bashのバージョン確認

$ bash --version
bash --version
GNU bash, バージョン 4.3.11(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
Copyright (C) 2013 Free Software Foundation, Inc.

関連記事:シェルスクリプト bash 最新版の利用

bash 使いこなしのヒント

慣れてくると、「bash」で何でもやりたくなる。
でも、なんか、「使いこなしてる!」っていう実感もない・・・。

これは、そんなもやもやしたときに、ぴったりのbash本です。
幅広い話題についてふれる一方、意外と実用的な内容。脱初心者が目標です。

「bash」の本は、「コマンド辞典」以外にも1冊は持っておきたいもの。
かと言って、シェルスクリプトオンリーの本が欲しいわけでもなかったりする。
そんなときに読む、「bashが使えるようになる本」、それがコレ!

入門bash 第3版

コンピュータ関連は、どうしてもオライリー本を買ってしまいがちですが、これもよく読んだ本の1冊。今回の「配列」の説明はページ数こそ多くはいないけど、簡潔に書かれていて理解しやすいです。

アマゾンなら中古が安いです。